カジュアルとは熱中しないということなのか? 『プラゾンGW』 02

まったくもって書くことはないが、実績は8割近く解除できた

PvZ-GW_02_01.jpg
敵陣にぶっ飛んでいく仕掛けのあるマップ

 発売日に購入してとりあえず記事を書いてから音沙汰のない『プラントvs.ゾンビ ガーデンウォーフェア』(以下、『プラゾンGW』)だが、遊んではいる。

 ではなぜ何も記事を書かないのかといえば、このゲームは本当に書くことがない。以前にも対戦FPS『タイタンフォール』で書くことがないと言ったことがあるものの、あれ以上に書くことがない。というのもこのゲーム、
  • なんとなくダラダラ遊ぶ
  • ステッカー・パックを引く
  • またダラダラ遊ぶ
 の繰り返しになってしまうのだ。

PvZ-GW_02_02.jpg
10月中旬から31日まで特別パックが配布中

 『タイタンフォール』はチャレンジをこなすことに一生懸命だったが、こちらはレベルを上げる条件も割といい加減なのである。なので血眼になってやる目的がないし、あるとすればステッカー集めだろうか。

 ステッカーは、消耗品やキャラクターのアンロック条件となるものや装飾品など、要はさまざまなアイテムだ。ゲーム内通貨によって買うもので、いくつかに分かれたパックを買うことで何枚かのステッカーが手に入る。

PvZ-GW_02_03.jpg
とにかくアンロックされない多数の新キャラクター

 ステッカーを集め違うキャラクターを解除すると新しく強い武器が使えるのだが、解除するのはだいぶ大変だ。ステッカー・パックは安くないし、欲しいステッカーが出るかどうかは運次第なうえ、キャラクター自体も多いので確率が低い。しかも、武器アップグレードのステッカーも欲しいので使えるまで遠いのなんの。

 おそらく、ゲーム内通貨を現実の金で買えるので、このあたりのアンロックが渋いのだと思われる。パッケージ代金は払っているので基本無料ほどキツくはないのだが、それでも冗長だ。

 というわけで、特に目的となることもなく(実績解除は狙うが、累計系が多いので自然とのんびりとなる)、だらだらやって「そのうち条件が満たせれば良いなァ」とやるしかない。新キャラクターによる刺激が遠すぎる。

PvZ-GW_02_04.jpg
協力プレイ「ガーデンオプス」でハロウィンポットに(実績が解除できないいらつきを)癒やされる

 また、ルールも「ガーデン&グレイブヤード」以外は過疎状態である。「チームヴァンキッシュ」(チーム・デスマッチ)は時間帯によって人がいるものの、初心者用ルールや特殊なルールはまず終わっている。あとはフレンドを集めて「ガーデンオプス」(協力プレイ)をやるくらいか。

 そんなわけで、やっていることもシンプルで遊べるルールも偏っており、しかも進展も遅いとなれば書くこともないわけだ。こういうのがカジュアルというやつなのかもしれないが、退屈にも思えて熱中できない。いや、熱中するものではないのかもしれないが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント