Wii Uの大きな画面にも要素を詰め込みまくる『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』

『スマブラ for Wii U』がついに登場

Smabro_WiiU_00_01.jpg

 2014年12月6日に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』を購入した。本作はさまざまな任天堂キャラなどが戦いを繰り広げる対戦アクションゲームで、基本こそニンテンドー3DS版と同じだが、Wii U版ならではのシステムも加えられている。

 ……などという堅苦しい話はどうでもよく、僕は甥たちと遊ぶためにこの『スマブラ for Wii U』を買ったのだ。ああ、一文で済む話ではないか。

Smabro_WiiU_00_03.jpg
Wii U版の「ロゼッタ&チコ」

 ニンテンドー3DS版は解像度が低いこともあり、キャラクターをしっかりと見られなかった。皆でワイワイ遊ぶ対戦ゲームという意味ではそれは大きい問題ではないのだが、本作はキャラクターを楽しむゲームという側面もあるので、やはりWii Uで遊ぶとより楽しいものよ。

Smabro_WiiU_00_04.jpg
CPUによる8人対戦の様子

 これでニンテンドー3DS版のごちゃごちゃ&細かくて見づらい世界が終わる! と思いきや、今度はWii Uのパワーを生かして8人対戦&超巨大ステージを持ち出してくるというのだから、なんとも貪欲な話である。

 これまでの4人大乱闘もいいのだが、大人数対戦は特に甥たちに受けがよかった。正確には、「amiibo」もあるおかげで大人数がより楽しくなっていたようなのだ。

「amiibo」がキャラクター・ゲームとしての味わいを生み出す

Smabro_WiiU_00_02.jpg

 上記画像がその「amiibo」だが、これはゲームのキャラクターとしても使えるフィギュアである。ゲームへ読み込ませることによってこれが画面内にキャラクターとして登場し、戦うたびにレベルアップして成長していくという新しい玩具なわけだ。

 せっかくの新要素なので甥たちにも買い与えたのだが、いやまったく僕はなんて優しい叔父なのか。まァ、実のところは一緒に遊ぶ友達がいないので、買ってあげたかわりに遊んでもらっているのだが。

Smabro_WiiU_00_05.jpg
「amiibo」設定画面

 僕はあまり面白い要素だとは思っていなかったのだが、甥たちは自分の好きなキャラクターに愛着を持っているため、それがゲーム内に登場したりフィギュアとして存在することにより、更に楽しめているようだ。

 前述のように、本作はキャラクターを愛でるゲームとしての側面もある。自分の好きなキャラクターを操作できるだけでなく、“相棒”として存在するとなれば、それはより楽しいのだろう。僕はヨッシーのことを特になんとも思っていないので楽しくないが、「しずえ」のamiiboが出たら、おそらく楽しくなると思う。

Smabro_WiiU_00_06.jpg
Wii U版の新モード「ワールドスマッシュ」

 このほかにも新モード・新ステージがあったり、既存のモードでも据置機用に手が加えられている。個人的にはゲーム内フィギュアを配置して写真撮影するモードが楽しみで、こちらでも早くしずえのフィギュアを手に入れたいところ。

 いやしかし、登場キャラクターもシステムも何もかも壮大ですごいゲームだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント