3DS『バッジとれ~るセンター』でしずえへの情も深ま~る

「しずえ」バッジがあるというだけで高評価

badge_tore-ru_01.png
『バッジとれ~るセンター』タイトル画面

 2014年12月17日より、ニンテンドー3DSで『バッジとれ~るセンター』というソフトが配信された。


 このゲームは、「バッジキャッチャー」というものが遊べる基本プレイ無料のタイトルである。しかしビデオゲームでバッジとは何事かといえば、これはやはりデータ上の話なわけだ。

badge_tore-ru_02.png
バッジでHOME画面をデコレーションした例

 本作でバッジを手に入れると、ニンテンドー3DSのHOME画面に飾ることができる。これまでニンテンドー3DSは「テーマ機能」などに対応しカスタマイズできるようになっていたが、このバッジ・システムを導入し更なる選択肢を差し出そうというわけだ。

badge_tore-ru_03.png
「バッジキャッチャー」台の様子

 また、バッジは単純に販売するというわけではなく、前述のように「バッジキャッチャー」というゲームで手に入れるような形式になっている。これは5プレイ90円(実際のお金である)で遊べるUFOキャッチャーのようなミニゲームで、アームを使い落としたバッジが手に入るというわけだ。

badge_tore-ru_04.png
バッジ「ふゆふくのしずえ」を獲得したシーン

 現在のバッジは『スーパーマリオブラザーズ』や『マリオカート』、そして『どうぶつの森』シリーズなどに関連したものが登場している。……そう、あの「しずえ」がいるのだ!

 もはやこうなってしまえば、僕の本タイトルに対する評価はうなぎのぼり。単純にデータとして販売されても買っていただろうに、ゲームとしても楽しめるというのだからたまらない。しずえバッジだけで50種類くらいは出して欲しいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


しずえテーマ+しずえバッジ

badge_tore-ru_05.png
景品獲得シーンもまるでUFOキャッチャー

 また、1日に1回「練習キャッチャー」が遊べるうえ運がよければ少し無料プレイが可能であったり、有料プレイを何度か遊ぶと特別なテーマがもらえたり、シリーズごとにバッジをコンプリートしたかどうかも表示されるような仕掛けもあり、課金させるゲームとしてはなかなか隙がない。

 UFOキャッチャー自体の難易度は低めなので、バッジに金を払うだけでなく遊びを交えつつ商品にしているという感じか。この試みも嬉しいと思っているのだが、単にしずえバッジがでたから嬉しいのかどうか判断がつかない。

badge_tore-ru_06.png
実際にしずえバッジで飾ってみたHOME画面

 無論、手に入れたバッジでHOME画面を好きにデコレーションするのが本筋である。僕の場合、しずえのテーマにしずえのバッジを並べ、しずえとしずえが被ってしまったバージョンを楽しんでいる。

badge_tore-ru_07.png
無茶苦茶なコラボレーションも可能

 また、『スーパーマリオブラザーズ』などはバッジの種類が豊富なので、ゲーム再現を楽しんだりすることもできるのだろう。そして再現をするとなるとバッジが足りなくなるケースも出てくるはずなので、また『バッジとれ~るセンター』へ足を運びキャッチャーへと挑戦する……。これは単に買うよりも楽しい流れだ。

コメント

非公開コメント