ブロックの世界にゾンビがはびこっており、それ以上は何もないゲーム 『Deadburg』

つまらないというか、面白い要素がない

Deadburg_01.jpg
わらわらと街中にあふれるハゲゾンビ

 Xbox 360のインディーズゲームで配信された『Deadburg』というゲームを遊んだのだが、ここまでハズレを掴んだのも実に久々だ。つまらないというより、面白みがないと言ったほうが正確か。

 『Deadburg』はゾンビ・サバイバルFPS(一人称視点シューティング)で、物資を集めつつゾンビのはびこる街中で生き残りを目指していくゲームだ。3人までのオンライン協力プレイに対応しているほか、『Minecraft』のように世界がブロックで構成されており、そのブロックを好きに配置できるのが特徴である。

 なお、本作の開発はReanimated Gamesで、価格は103円となっている。103円を損したくらいで後悔はしないのだが、一緒に遊んでくれた人たちにもこれを買わせたのが申し訳ないすぎる……。

Deadburg_02.jpg
さまざまな物資をかき集めて生き残りを目指す

 『Deadburg』を別のゲームで例えると、とてもカジュアル向けでマイルドになった『DayZ』である。キャラクターはアバターで、世界はとても明るい色が多い。とてつもなく恐ろしいゾンビ・サバイバルというわけではなく、仲間と協力して気軽に楽しもうというタイトルなわけだ。

 また、難易度も低めだろうか。無論、設定難易度によって違いはあるのだが、昼間のゾンビは索敵範囲が狭く、だいたい無視ができる。ただし日付が変わるにつれてゾンビは強くなっていく。

Deadburg_03.jpg
アバターがきぐるみに見えるほどハゲゾンビが貧弱

 これだけ聞くと、本作がどう面白くないかわからないかもしれない。しかし、ポップな世界とサバイバルは相性が悪く、ゾンビからサバイバルをするという緊張が皆無なのだ。特に、フレンドのアバターがハゲたゾンビと並んでいる様子は、見るだけでがっくりする。

 そして、ゾンビの索敵範囲が狭いために物資集めも容易だ。ブロックを壊せるようになると、更に楽になる。となると、恐怖など皆無の世界で、ゾンビを無視してひたすらに物資を集め……、集めてどうするのだ?

 そう、サバイバルとは生き残る過程の話である。近くに恐ろしい死があるから、食べ物や武器を集める必要が出てくる。しかしこのゲーム、生き残る上での恐怖もなく、物資集めも容易ときた。おまけに協力プレイなので殺し合いも起こりえないし、ブロックでものを作るのも手間がかかるうえ選択肢も狭い。緊張もなければ遊びの幅もなく、何をしろというのだ?

Deadburg_04.jpg
ソフト内でエラーが出るとブルースクリーンが表示される仕様

 また、これは仕方ないというか期待できないことなのだが、Xbox 360インディーズゲームのネットワーク・プレイに対応したタイトルというのは、不具合を抱えていることが多い。

 『Deadburg』もそれは例外でなく、プライベートマッチがまともに成立していなかったり、エラーが多発したり、ラグが強烈だというのも当たり前だ。そもそもゲーム自体がネットワーク上で遊ぶことを前提にしているのか疑問で、仲間と一度はぐれたらまず二度と遭遇できないような作りになっている。

Deadburg_05.jpg
バグでジャンプできなくなり、戻れぬ地上を眺めている様子

 結局、数十分ほどプレイした段階でダメなことに気づき、やめることにした。遊ぶことより時間の損失のほうが明らかに大きいからだ。また、地下を掘り続けていたところ、不具合で二度と上に戻れなくなったのも諦めるのに大きな影響を与えたことだろう。

 とりあえず“ゾンビ・サバイバル系のゲームを『Minecraft』風にしてみた(正確には人気を寄せ集めた)”だけで、その後が何もない。アップデートで実装予定なのかもしれないが、今のところは一応操作できる作りかけの段階という印象だ。


box_Deadburg.jpg

Deadburg ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Reanimated Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/12/25

 『Minecraft』と『DayZ』を組み合わせたまったく新しいほんわかホラー。
 いや、まったく新しくなく、とりあえず組み合わせただけのゲームである。
 やはりサバイバルものは怖くてナンボなので、ほんわかしている時点でまずい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント