2014年の「毎日ムキムキ」振り返り

Xbox 360 インディーズゲーム

 さて、年末を迎え新しい年になるので、少しばかり2014年の話をメモ代わりに書いておこう。

ApocZ_Multi_01.jpg
Xbox 360『ApocZ』より

 今までずっと追い続けていたXbox 360のインディーズゲームは、まだ続いている。無論、配信されるゲーム数は減り、放置されているのかシステムに不具合もあり(今も起きているくらいだ)、有名なデベロッパもほとんどいなくなってしまった。

Shutshimi_01.jpg
Xbox 360『Shutshimi』より

 しかし、完全に終わった場になったかといえばそうでもなく、『Shutshimi』のように見所のある作品が出てくることもある。本作はマルチプラットフォーム向けタイトルなのでお情けで出たとも言えるのだが、月に十数本というレベルでは新作が出ているし、まだ火は消えていない。

遊んだゲーム

XboxOne_01.jpg

 とはいえ、2014年9月にはXbox Oneが出ているわけで、Xbox 360の時代が終わるのも時間の問題か。今年はXbox Oneを買ったりWii Uを手に入れるなど、いろいろなハードに手をつけた年でもあった。

XboxOne_PN_03.jpg

 そういえば、「Xbox One プレミアムナイト」に行ったことも印象深いものよ。ゲームの試遊台はあまり触らなかったが、Xboxフードは衝撃的で食べて楽しい飯だったし、ステージも良いものであった。今はもうXbox事業部にはいない泉水さんと握手できたのも懐かしい……(とか言いつつ、実は日本にいるらしいが)。

 タイトルでいえば、Xbox 360では『タイタンフォール』、Xbox Oneでは『D4』や『サンセットオーバードライブ』など、そしてニンテンドー3DSでは『ポケットモンスター X・Y』に特に熱中し、Wii Uでは甥たちと『マリオカート8』などで楽しんだ。そういえば、実況生配信にも挑戦してみたか。

気の移り変わり

 今年最も変化したことといえば、心境の変化だろうか。相変わらず子供っぽいのはそのままなのだが、ゲームレビューに関する考え方は変わった気がする。

 少し前までは「ゲームレビューを書かねばなるまい」と思っていたのだが、最近はそうでもなくなった。書くべきことがあるには違いないが、レビューなどというものにこだわる必要はなんらないのだ。コラムだろうがプレイレポートだろうが紹介だろうがツイッターのつぶやきだろうが、必要なものがあれば形式はどうでもいい(だいたい、レビューという言葉だって死ぬほどいい加減だ)。

 相変わらずこのサイトがいつまで続くのかはわからないのだが、幸いにもまだ僕の息の根が止まっていないので、もうしばらくゲームを求めて遊んでおこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

いつも見てます、頑張ってくだちい。

わざわざありがとうございます。今年もいい加減にやっていく予定ですので、また暇な時に見に来てください。
非公開コメント