「ねんどのカービィ」の驚くべき愛らしさときたら…… 『タッチ!カービィ スーパーレインボー』購入

とにかくもうカービィがKAWAII

touchKirbySR_00_01.jpg

 2015年1月22日にWii Uで発売された『タッチ!カービィ スーパーレインボー』を買った。正確に言うと、買っていた。

 このゲームはマルチプレイに対応しているため、甥たちと遊ぶために購入したのである。そのためしばらくは開けないつもりだったのだが、パッケージを見ているとつい遊びたくなってくるのだから致し方あるまい。

touchKirbySR_00_02.jpg
『タッチ!カービィ スーパーレインボー』起動画面

 そんなわけで起動して少しだけ触ったのだが、とにかくもう「ねんどのカービィ」があざとい。ピンクの悪魔とも呼ばれるこのキャラクターだが、やはりマスコットとして一線級の位置にいることが見てすぐわかる。これはねんどの質感ともやたら合っているのが原因なのか。

マスコットとしての本領発揮

touchKirbySR_00_03.jpg
オープニングより、3人の遭遇(左:エリーヌ、中央:ワドルディ、右:カービィ)

 さておき、本作は何者かに奪われた“色”を取り戻すため、カービィとワドルディ、そして新たな相棒“エリーヌ”が冒険するというゲームである。エリーヌは「虹のライン」を引くことができるため、カービィはそれに乗って進んでいくわけだ。なお、ワドルディは複数人プレイの時、1P以外が操作するキャラになる。

touchKirbySR_00_04.jpg
オープニングより、リンゴが食べられなくてしょんぼりするカービィ

 ……とゲームの説明を書き始めておいてなんだが、とにかくカービィが愛らしくて仕方がない。今回はリンゴが食べられなくなって冒険をするという食いしん坊すぎる展開なのだが、その表情(上記画像の場面)がもう。特に、動きによる“かわいらしさ振りまき指数”がすごいので、これはムービーで見て欲しい。

touchKirbySR_00_05.jpg
線を引いてカービィを導いてゆく

 いや、話を戻そう。このゲームは前述のように、Wii U GamePadで線を引き、それにカービィを乗せて先に進めるゲームである。ニンテンドーDSで登場した『タッチ!カービィ』もなかなか難しいと聞いているが、本作も思うように操作がいかない感じだ。

 とはいえ、複数人で協力プレイができるし、amiiboによるサポートもある。なので、続きは甥たちと一緒に遊んでから話をするが……。しかしこのねんどのカービィ……、なんてあざとい生き物なんだ。

○ 『タッチ!カービィ スーパーレインボー』レビュー 「ひとりでも、みんなでも」を実現した貪欲でかわいい一作
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1889.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

KAWAII
非公開コメント