スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

角川つばさ文庫『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』が渋い、たとえ小学生向け小説としても

『星のカービィ 大盗賊ドロッチェ団あらわる!の巻』

kadotuba_kirby_02_01.jpg

 以前に角川つばさ文庫から出ている『星のカービィ』ノベライズ本の話をしたが、今回はその続き(第三弾・第四弾)の話をしよう。いやしかし、小学生中級からが対象読者の作品群とはいえ、このシリーズはなかなか面白い。

○ 角川つばさ文庫『星のカービィ』ノベライズ小説(小学校中級向け)をニンマリと読む
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1885.html

kadotuba_kirby_02_02.jpg

 などと書いておいてなんだが、第三弾『星のカービィ 大盗賊ドロッチェ団あらわる!の巻』のほうは、ややいまひとつな具合であると言わざるをえない。こちらはタイトルのとおり、ゲームにも出てくる盗賊集団「ドロッチェ団」が現れ、カービィたちがそいつらからタマゴを守るという内容である。無論、ゲームの設定を活かした内容や、のんびりとした雰囲気はそのままなのだが。

 何が問題なのかというと、物語展開が強引なのだ。本作では「なぜドロッチェ団はタマゴを狙うのか?」だとか、「どうしてメタナイトがドロッチェ団に協力しているのか?」といった設定に無理があり、最後にその理由を聞いてもあまり納得がいかない。

kadotuba_kirby_02_03.jpg

 そもそもこの話は、カービィやメタナイトたちがまともに話し合いできれば一瞬で解決してしまうのだ。しかしそれでは物語にならないので、カービィたちは聞く耳を持たないし、話は強引に展開される。とはいえ、結局は話し合いで解決できる程度の問題なので、無意味かつ無理に話が膨らまされた印象を受けてしまうのである。

 なぜこうも無理が生じているのかといえば、これは明確な悪役を立てなかったからだろう。以前の記事にも書いたが、悪役は重大な事件を起こしてくれるし、そいつが倒されれば明確な解決になるわけだ。しかしそのあたりが曖昧になっている以上、話の流れも曖昧にならざるを得ない。

『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』

kadotuba_kirby_02_04.jpg

 というわけで第三弾はやや残念な出来だったのだが、第四弾となる『星のカービィ メタナイトとあやつり姫』のほうはかなり良かった。このシリーズで一番面白く感じられたくらいだ。

 こちらはカービィの友達(なのか?)である仮面の騎士「メタナイト」が主人公の特別編で、姿を消してしまったシフォン星の王女「マローナ姫」を探すという物語になっている。

kadotuba_kirby_02_05.jpg

 もともとメタナイトは謎のある剣士であり、仮面を被っていることにしても、カービィの敵でもあり味方でもある点にしても、いろいろと主人公向きな面がある。そして、本作はそのキャラクターを活かした物語運びになっているというわけだ。

 剣によるアクションはいつもより激しめであるし、勇ましいメタナイトらしく悪役も強く卑劣な男であり、そして騒動によって謎多きメタナイトの内面が少し描かれていく。舞台はお菓子の国なのに、ややビターな仕上がりなわけだ。

 また、この作品ではカービィが「ピンクの悪魔」と呼ばれるあたりも、メタナイトが主役だからこその展開か。平和でぽよぽよなプププランドのシリーズから少し離れた場所であるからこそ、こうしてメタナイトの渋さが栄える作品になっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。