ゾンビを蹴りまくり足を緑にするアクション『ダイイングライト』購入

シングルとマルチの温度差が笑える

DyingLight_00_01.jpg

 2015年4月16日に発売されたXbox One版『ダイイングライト』を購入した。通販で購入したため遅れて届いたのもあるが、届いてからしばらく没頭していたのですっかり書くのが遅れてしまった。

 本作は、ゾンビだらけの世界で生き残るオープンワールド・アクションだ。主人公「クレイン」がGRE(世界救援活動会)の指示により、ゾンビ・アポカリプスの発生したバラン市に潜入するという物語となっており、ニセの治療薬レシピを回収することが大きな目的となっている。

DyingLight_00_02.jpg
屋根の上から高みの見物

 本作は『デッドアイランド』シリーズの精神的後継作らしく、基本的には近接武器で戦うことになる。しかしゾンビは数が多く処理しきれないので、パルクールで屋根の上を駆け抜けることもできるのだ。

 適切にルートを探し、無駄な戦闘は避け、物資を集めながら風のように屋根を超えていく。ゾンビのあふれた世界だけあって、緊張感のあるプレイになっている。

DyingLight_00_04.jpg
楽しくヤクザキック!

 ……というゲームのはずなのだが、遊び方次第ではこれがまったく逆になっている。というのも、僕が一緒に遊んでいるフレンドの方は、とにかくゾンビを見つけ次第キックしまくるのだ。

 ゾンビは蹴られると転ぶので、みんなで蹴りまくると一方的に倒すことができる。その様は完全に弱いものをリンチしているクソ野郎なのだが、あまりにもひどすぎて笑えるのだ。考えてみれば確かに、ゾンビをなぶり殺すのもゾンビ・アポカリプスの醍醐味ではあるだろう。

 というわけで、緊張感のあるプレイはひとりで、大げさなゾンビ狩りはみんなで楽しむという形で遊ぼうと思っている。

DyingLight_00_03.jpg
緑色の血というかヘドロのようなものを吹き出すゾンビ

 ちなみに本作、規制のせいか血の色が緑になっている。これがずいぶんと騒がれているようだが、僕はそこまで気にならなかった。血の代わりに、花やお菓子が出てくる規制だと怒るだろうが。

 また、ゾンビ映画好きのフレンドの方によると、ゾンビ映画にも血の色が緑になっている作品もあるようだし、せいぜい問題があるとすれば壁の血が目立たないくらいか。緑色の血が噴き出すゾンビならば、蹴り殺す抵抗もなくなってより楽しく蹴ることができる。オラッ死ねッ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント