ゾンビ・アポカリプスを生き残る男、近所のクソガキとなる 『ダイイングライト』

ひとりでクールに決めるシングル

DyingLight_01_01.jpg
「ライズ」の親玉に舐められて銃を突きつけられる

 相変わらず『ダイイングライト』を楽しく遊んでいる。

 現在のメインストーリーでは、ゾンビ感染を押さえる薬「アンティジン」をもらうため、キチガイだらけな悪の集団「ライズ」のお使いを仕方なくやっているというところだ。連中はまさに悪魔といえる存在で、いずれ殺すしかないだろう。

DyingLight_01_02.jpg
「引っ掛けフック」は高所への移動を格段に楽にしてくれる

 また、ゲームプレイとしては「引っ掛けフック」を手に入れ、世界がまた一段と変わったところである。これまで高いところへは地道に登らねばならなかったが、これさえあれば一発で移動が可能だ。パルクールと合わせれば更にスタイリッシュになる。

 ゾンビだけならともかく、それ以下の人間どもの相手をしつつ、フックを使って街中を走り回る。一刻も早くこの街をなんとかせねば。そんな使命感を背負いつつ本作を楽しんでいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加


マルチプレイの可能性

DyingLight_01_04.jpg
なぜか人間に乗ろうとする我々

 ……というのはあくまでシングルだとかの話であって、マルチプレイはもう完全にバカなことしかしていない。フレンドと一緒に遊ぶと、同じゲームなのにがらっと内容が変わり、なぜかNPCの上に乗ってみたりするようになる。

DyingLight_01_03.jpg
セーフハウス前で立ち往生する「ボラタイル」

 そして、怖いもの見たさに夜の街へ繰り出し、とても強いゾンビ「ボラタイル」を集めてセーフハウスに逃げ込んだりもしている。そのあとは、安全圏だからとばかりに「かかってこいや!」と挑発して火炎瓶を投げたりと、先ほどまでの真面目さはいったいなんだったのかという内容である。

DyingLight_01_05.jpg
アンテナから降ってくるフレンド

 ところで、本作は高所に登れるのも魅力のひとつなので、当然ながら飛び降り体験も楽しみのうちだ。ひとりで登ると高所の恐ろしさが感じられるものの、人と一緒に遊ぶと飛び降りねばなるまいと思えてしまうあたり、豹変ぶりが恐ろしい。

 また、先ほどの「引っ掛けフック」もひとりでは格好をつける道具だが、マルチプレイではまだ持っていないフレンドに見せびらかす道具になるのだ。道具を駆使しゾンビ・アポカリプスを生き残る男が、一瞬で近所のガキになってしまうかのような錯覚を覚える。

DyingLight_01_06.jpg
後光(マーカーの光)を浴びて輝くフレンド

 以前の記事にも書いたが、ここまで二面性のあるゲームだとは……。緑に輝くフレンドを見て笑いながら、バラン市の懐の深さに驚いている。

コメント

非公開コメント