試射すればイカしたゲームとわかるゲソ 『スプラトゥーン 完成披露試射会』

『スプラトゥーン』体験版を遊ぶ

Splatoon_Demo_01.jpg
『スプラトゥーン 完成披露試射会』タイトル画面

 Wii U用ゲームソフト『スプラトゥーン(Splatoon)』の体験版となる「完成披露試射会」を2回遊んできた。本作は2015年5月28日発売予定だが、それに先駆けて全世界での同時体験会が実施されたわけである。

 ちなみに、『スプラトゥーン』は対戦アクション・ゲームである。プレイヤーたちはそれぞれ人型に変身できる“イカ”として4対4でチームを組み、周囲をインクで塗りたくるナワバリバトルに挑む。要はTPS(三人称視点シューティング)なのだが、任天堂が手がけるという部分も注目を浴びているわけだ。

Splatoon_Demo_02.jpg
対戦前の練習モード

 さて、まずは始める前に操作に慣れねばなるまい。本作の特徴として、狙いをつける際にWii U GamePadを使うというところがある。パッドはジャイロセンサーにより動きを感知するため、それで照準を自由に動かせるというわけだ(設定で完全な右スティック操作にすることも可能)。

 はじめはかなり慣れないこのジャイロ操作だが、右スティックで左右を、ジャイロで上下をと振り分けるのは良いアイデアだ。スティック一本で狙いをつけるのはかなり難しく、細かい狙いをつけにくいのだ。もっとも、体験会だけでは完全に慣れるまではいかなかったが。

Splatoon_Demo_03.jpg
体験版の武器選択画面

 また、武器は4種類が用意されている。製品版ではこれ以外にもさまざまな武器が登場するうえ、「ギア」なるカスタマイズもあるらしいが、ともあれ今は特徴的な武器で慣れていけということなのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


第一印象は文句なし、製品版の先はどうなるか?

Splatoon_Demo_04.jpg
相手を倒してインクまみれにしてやった瞬間

 そして、下準備を終えたらいざ対戦の始まりである。この体験会は一度に一時間しか遊べないのだが、それでもなかなか楽しく時間いっぱいまでみっちり遊ぶことができた。

 とにかく、インクをぶちまけて戦う第一印象がよい。無論、血が飛び散るような表現ではないし、かといって無毒すぎるものではなく。対戦ゲームのカジュアルさも度が過ぎるとどうでもよくなってしまうので、“ポップでありつつもやられると悔しい”という丁度良い匙加減だ。

Splatoon_Demo_05.jpg
イカの大ジャンプで周囲を把握しつつ味方の元へ

 また、プレイヤーへの情報の補助も優秀である。パッドには常にマップが表示されているため、互いのチームがどのように動いているかがおおまかにわかる。たとえ知らない人同士が集まったとしても、それぞれの動きを見てうまく判断すればいいわけだ。

 一方、チーム対戦のゲームとしてもなかなかの可能性があるゲームに思えた。しばらくは知らない人同士でいい加減に遊ぶ感じだろうが、武器の振り分けや担当を真剣に考えるとより戦略が増しそうなのである。

Splatoon_Demo_06.jpg
武器「ローラー」で相手を追い詰めるのも楽しい

 たとえば周囲を多く塗れる「ローラー」は、制圧力がものすごく、相手を轢き殺せるのが楽しい。ふつうの対戦ゲームでは不人気そうな盾的な立ち位置なのだが、塗りやすく狙いをつける必要も薄いので割と人気があったようだ。

 とはいえ、対策方法を知っている相手と不利な状況で出会ってしまうと、ただひたすらやられてしまうだけである。あくまで武器ごとに合った立ち回り・チームワークで動いたほうが良いのは間違いなく。ただ、気楽に転がして楽しめるのも長所であり、戦略を考えた戦い方もきちんと用意されているであろうというわけだ。

Splatoon_Demo_07.jpg
一箇所にとどまっているヤツは武器「チャージャー」の良い餌

 今のところゲームプレイも快適である。ラグのある試合はどうしても途中で落ちてしまうが、マッチング自体はなかなか快適だし、落ちた試合数もそう多くはない。それどころか快適すぎて、マッチング中に遊べるミニゲームもやっているような場合ではなかった。

 とはいえ、まだほんの少し遊んだだけである。製品版ではランクを上げていったり、衣服や装備を集める要素、そしてシングルプレイなども用意されている。そして何より、長期的なアップデートでどこまで飽きさせないでいてくれるのか。とりあえず、それを見るために予約購入は済ませておいた。

追記


 この体験会での一試合を動画にしてみた。シールドの使い方に慣れつつも、壁登りに失敗したり落下死しているあたりが見所となっている。

コメント

非公開コメント