『ダイイングライト』レビュー ここはゾンビのあふれる地獄でもあり、ゾンビを殺しまくれる楽園でもある

いいからバットを握ってゾンビを殺そう

DyingLight_review_01.jpg
カタナでゾンビをまっぷたつ!

 このゲームを遊ぶと、「ゾンビだらけの世界で生きることは、かくもつらいものか……」としんみりした気持ちになることもあるし、「ゾンビを銃で殺すなんてもったいない! 近接武器でぶち殺す感触を楽しもう!」とハイな気分になることもある。

 2015年4月16日に発売された『ダイイングライト』は、Techlandが開発したサバイバル・ホラー・アクションである。より厳密に言うと主観視点のオープンワールド・アクションで、ゾンビだらけの広い世界を生き残るゲームと言えばいいだろうか。

DyingLight_review_02.jpg
非常に手短でわかりやすいプロローグ

 舞台となるのはゾンビ・アウトブレイクが発生した“ハラン市”である。GRE(世界救援活動会)により派遣された主人公「クレイン」は、ニセの治療薬レシピを回収するためこの危険な街へと潜入していく。

 当然ながらハラン市はゾンビだらけになってしまっており、しかも無法者どもが暴れまわっている。更にニセの治療薬レシピを奪った人間は、名前を変えとあるグループのリーダーとして人々を率いているらしい。そんな厄介すぎる仕事に対し、クレインは持ち前の熱血で立ち向かうのであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加


屋根を飛び跳ねゾンビを切り分けクエストをこなす

DyingLight_review_03.jpg
街中の至るところに溢れるゾンビたち

 さて、ゾンビの出てくるゲームは山ほど存在するが、本作は『デッドアイランド』シリーズからの流れを組んだ作品になっている。どういうことかというと、ゾンビを近接武器(バッドやナイフなど)で殺すのが特徴なわけだ。

 ところで、日本語版の『ダイイングライト』が出た直後あたりには、血が緑になっているという規制で騒がれたことがある。確かに血が緑色になっているのは不自然なものの、部位欠損のほうはかなり充実しているのだ。そして、近接武器でゾンビを殺す際にはこの欠損のほうが重要である。

 とにかくもう、ゾンビを破壊するのが楽しい。序盤はパイプを使って何度もゾンビを殴って必死に殺し、後半はケーキを切り分けるようにゾンビを殺すことができる。そして欠損があるからこそ、手に持った武器で戦う楽しさが倍増するのだ。

DyingLight_review_04.jpg
アンテナなど高いところにはだいたい登れるのも魅力のうち

 また、「パルクール」がゲーム要素として取り込まれているのも特徴だろう。屋根の上や高い崖なども登れるようになっており、ゾンビと真正面から戦わずとも街の探索をすることができる。本作は一部の例外を除きワープ(ファストトラベル)などはないのだが、忍者のように屋根を走っていけば問題なく進められるだろう。

 中盤あたりからは「引っ掛けフック」が登場し、移動が更に楽しくなる。このフックは引っ掛けられる場所さえあれば、水中からですら高いところに高速移動ができる。おかげで落下死がしょっちゅう起きるようになるのだが、まァそれは愛嬌だ。

DyingLight_review_06.jpg
まさしくクズとしか言いようがないクズの親玉「ライズ」

 これらのシステムを生かし、クレインはさまざまなクエストをこなしていく。当初の目的であるレシピを探すため現地にある組織に取り入ったり、あるいは困った人を助けたり、もしくはキチガイの頼みを聞いてゾンビを殺して回ったり、そしてキチガイのほうを殺したり……。

 ゾンビものにありがちなストーリーもきちんと抑えており、人間たちの醜い争いや下衆な考え、そして目を覆いたくなる不幸なども取り揃えている。メモなどの収集品まで手を広げると、更にハラン市の悲劇が広がっていくだろう。

マルチプレイもまた大きな魅力である

DyingLight_review_05.jpg
夜中には強化型ゾンビ「ボラタイル」とおいかけっこ

 僕は本作に対し、不満らしい不満を感じなかった。会話のスキップもできるし、ストーリーは過不足なくテンポ良し、レベル要素によるスキル習得など飽きさせないような仕組みも用意されており、実に手慣れた作りである。あえて問題を挙げるとすれば、不慣れな人はパルクールで躓くかもしれないということか。

 もともと主観視点のゲームは操作が単純ではない。また、近接武器の攻撃射程は主観視点だとわかりにくいのだが、さすがに本作はそのあたりの調整はうまい。ただし、建物の角を掴むなどの行為はいくらか慣れが必要で、序盤のチュートリアルが難しく感じられる可能性は十分にありそうだ。

DyingLight_review_08.jpg
切り落とされた手を眺める会

 とはいえ、気になったのはそのくらいか。ところで、『ダイイングライト』は4人までの協力プレイも用意されており、僕はこのおかげで本作をかなり楽しめたのだ。

 先程はゾンビものの悲劇がどうこう書いたが、皆で遊べばそれらすべてが笑える要素になってしまう。いや、遊ぶ相手次第だとは思うのだが、切り落とされた手を眺めて語り合うだとか、光るオモチャのような武器を自慢しあったりというのは、多くの人が体験することではないだろうか。

DyingLight_review_10.jpg
空爆がフレンドに直撃する寸前

 どんなゲームでも親しい人たちと遊べば楽しいわけだが、本作は人が集まって緊張感が薄れるような場面にも対応できているように見える。作中にはイースターエッグとしてくだらないジョークのオマケ要素もあるし、笑えるクエストもある。そもそもゾンビというのは、怖がっても殺しても良いという懐が深い存在なのかもしれない。

DyingLight_review_07.jpg
マップ「旧市街」で夕日を眺めた際の一枚

 『ダイイングライト』は驚くべきほど画期的な作品というわけではないが、ゾンビを殺して回るゲームとして欲しいものをしっかり取り揃えている。ひとりでゾンビから逃げ回る楽しみも、皆でゾンビを殺してその死体を蹴りながら笑う楽しみもあるのだ。

コメント

非公開コメント