ランク「A-」の壁をいかに突破するか 『スプラトゥーン』

ガチマッチで頭打ち……か?

Splatoon_05_00.jpg
ステージ20中盤あたりがなかなか越えられない「イカボール」

 最近の『スプラトゥーン』では、ミニゲームである「イカボール」を楽しみつつ苦戦している。これはバレーボールのようにナマズを打ってクラゲに当てるという内容で、ステージ数もかなり多いようだ。はたして何面まであるのだろう……?

Splatoon_05_01.jpg
ランク20になった記念撮影(ガチ用装備のままだった)

 さておき、対戦のほうはついにランク20となった。現状ではこれが限界値らしく何かすごいようにも見えるが、要はそれなりに本作を遊んだという証左であり、特に強くなったというわけではない。

 ところで、レギュラーマッチもブキの試し撃ちやギア鍛錬のために遊んでいるが、最近はガチマッチのほうに本腰を入れて遊んでいる。問題はそれのウデマエ(ランク分け)なのだ。

 ガチマッチではアルファベットによるウデマエが用意されており、僕はなんとか「A-」までは順調に辿り着いた。だが、そこからは世界が違っており、上位の「A」「A+」の人たちを相手にすると、「スプラスコープ」での狙撃が難しくなってくるのである。

Splatoon_05_02.jpg
どうにも戦いづらい「ホッケふ頭」での1シーン

 とにかく上位プレイヤーたちは立ち止まることが少なく、しかも常にチャージャーへの警戒を忘れていない。これに対抗するには更にうまく狙いをつけられるようになるか、あるいは立ち回りで相手の上を行かねばならないのだ。

 特に新マップ「ホッケふ頭」はチャージャーが難しく、チームへの貢献が難しい。また、チームワークが取れていないとチャージャーは動きづらいのだが、しかしそれでも勝てるようにせねばウデマエは上がらないわけだ。ここで伸び悩むとなると、はたしてどうすべきなのか……。

Splatoon_05_03.jpg
ブキ「.52ガロンデコ」をナワバリバトルで練習中

 と悩んでみたが、答えは割と簡単(なはず)である。ジャッジくんも言っていたがマップによってブキの有利・不利は変わるわけで、難しいマップならばわざわざチャージャーに頼らず、シューターやローラーを使えばいいのだ。せっかくたくさんのブキがあるのだから、その可能性を使って戦おうではないか。

 そのため現在は、ガチマッチで「スプラスコープ」以外に使えそうなブキを探している最中である。はたしてどこまでウデマエをあげられることやら。
このエントリーをはてなブックマークに追加


祭りへの準備もはじまる

Splatoon_05_04.jpg
どう見てもファックスなカミ様からのお告げが登場

 そういえば、2015年6月13日からはついに「フェス」が始まるらしい。これはふたつの派閥に別れて対戦を繰り広げるというもので、参加すると特別なアイテムがもらえるそうだ。

Splatoon_05_05.jpg
広場を見る限りではごはん派が多いようだ

 既にMiiverseはこのフェスに関する投稿で大盛り上がり。まだ実行まで一週間近くあるのに息が続くのかと不安になるものの、まァ盛り上がること自体は悪く無いだろう。

 そういえば、筆のような新ブキ「パブロ」も解禁されていたりと、新要素がこまめに出ているのも嬉しいところ。夏には大型アップデートもあるそうなので、そのあたりの展開も楽しみだ。

コメント

非公開コメント