ウデマエ「A-」でつまづいたというのは気のせいだった 『スプラトゥーン』

上がったのはウデマエというかプレイ時間

Splatoon_06_01.jpg
ウデマエがAランクにアップ!

 以前の『スプラトゥーン』の記事では、ガチマッチのウデマエが「A-」から上がらないというような話を書いた。が、ありゃウソである。あのあと遊んだらふつうにランクアップした。

 本当は試行錯誤をして「これがランクを上げるコツだ!」みたいな話を書きたかったのだが、ぜんぜんそんなことにはならず。僕からできるアドバイスは、とにかく遊べということである。

Splatoon_06_02.jpg
2015年6月11日に追加された新マップ「モズク農園」

 ところで、また新たなマップ「モズク農園」が追加された。これを書いている時には新ブキ「シャープマーカー」も解禁されており、なんというアップデートの早さか。無論、これらは要素のひとつであってゲームを大きく変えるわけではないが、それにしてもペースが速くて驚く。

Splatoon_06_03.jpg
モズク農園でのガチマッチ

 さて、さっそくモズク農園をプレイしてみたのだが、僕からするとこのマップはチャージャーよりシューターのほうが動きやすい気がした。前回はマップごとにブキを変えてみようと考えていたので、今回は「プライムシューター」などを使ったわけだ。

 結果としては悪くないというか、むしろ動きやすくて驚いた。チャージャーの時はひとりで覆せるシチュエーションというのはそこまで多くないのだが、シューターだとそのチャンスが割と多い。当然、腕に自信があればの話だが。

Splatoon_06_04.jpg
ハコフグ倉庫で高台に乗ってスナイプ&ボム投げまくり

 その後はチャージャーが使いやすいマップが来たので、やはり「スプラスコープ」も使ってみる。なんだかあまりにもインクが当たるようになって驚いたが、これは別に僕がうまくなったわけではなく、味方のサポートがあってこそ。押される試合だと0キルになってもおかしくない。

 とりあえず、チャージャーを使う時は“攻撃力アップ”のギアをつけねばならないことはアドバイスになるだろう。チャージャーに攻撃力アップをつけると溜め時間が短くても敵を一撃で倒せるようになり、立ち回りがぐっと楽になり、かつ動きの幅が広くなる。

Splatoon_06_05.jpg
フェス用らしきトラックが広場に登場

 といったことしか言うことがなく、とりあえず長くプレイしていればいずれウデマエはあがるのだろう。そう思えるくらいに、個人的な進歩はないまま「A+」へと来てしまった。まァ、ウデマエなどおおまかな指標だし、時間が経つほどウデマエ上位の価値は下がっていくのだろう。

 とりあえず、そろそろ第一回目のフェスがはじまるころである。最近はガチマッチばかり遊んでいたので、気楽なナワバリバトルで塗りまくって盛り上がろうではないか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント