ごはんが詰まっても盛り上がった初フェス 『スプラトゥーン』

ついに祭りの時が来た!

Splatoon_07_01.jpg
『スプラトゥーン』フェス時のタイトル画面

 2015年6月13日18時より、『スプラトゥーン』の第一回目となる「フェス」が開催された。名前のとおりこれはお祭りで、ふたつの陣営に分かれてナワバリバトルを繰り広げることが目的だ。

 なお、第一回目は「朝食は、ごはん or パン」という分けられ方になっている。僕は言うまでもなくごはん派である。

Splatoon_07_02.jpg
まさしく祭り状態となった広場

 フェスは24時間きっかり開催され、その間はすべてが祭りというわけだ。見てのとおり、広場はシオカラーズが歌って踊り、人々(いや、“イカ々”か?)もノリノリだ。見慣れた景色が急に変わるだけでこうも楽しくなるものか。

Splatoon_07_03.jpg
普段は寝てばかりのジャッジくんも、フェスとなれば踊る!

 とにかくさまざまな部分が祭り仕様になっており、ジャッジくんもダウニーも楽しげにしている。また、ブキの試し撃ちができる路地裏もきちんと変化しているというこだわりぶりだ。

Splatoon_07_04.jpg
灯籠(?)にもMiiverseの投稿が反映される

 そして、フェスではMiiverseの投稿が盛り上がるのも特徴のひとつだろう。いつも以上にゲーム内の投稿表示数も多いし、お題があるのでかなり描きやすい。となれば、しっかり描かれたイラストから熱を感じる書きなぐりまで、いろいろなものが出てくるわけだ。

Splatoon_07_05.jpg
トラックの裏・上空・花火・垂れ幕などにもMiiverseのイラストが

 このフェスでそこそこの時間を過ごしたが、いつ見ても違った投稿が出ており面白かった。確かに夜になったり特別な音楽が流れたりするのも重要なのだが、こういう他人の存在を意識できるものがあるとより盛り上がる気がする。

 とはいえ、第一回目のフェスに問題がなかったわけではなく。混雑しすぎてマッチングに不具合が発生しており、片方の陣営(ごはん派)でのマッチングがしづらくなった。さすがに遊べないほどではないが、ケチがついたことは間違いない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


サザエをもらって家路につこう

Splatoon_07_06.jpg
フェス中はステージも夜間仕様になる

 そして、フェスで重要なのが「フェスマッチ」もといナワバリバトルである。フェス中はこのモードのみになっており、更に音楽やステージがきちんとそれらしくなっている。特に音楽が最高で、普段のBGMをシオカラーズがボーカルアレンジ(?)しているものになっているのだ。

 ガチマッチに比べると緊張感のないこのモードだが、音楽が楽しいので鼻歌交じりに塗りまくって気楽に楽しむことができた。特に残り1分を切ってからのBGMが最高で、いやまったくフェス気分は最高潮だ。

Splatoon_07_07.jpg
久々にローラー&ダイオウイカでのんびりプレイ

 また、フェス中はそれぞれに称号が与えられるのも特徴だ。バトルを行うと、ひとつの試合で最大5ポイントもらえるようになっており、それを貯めると称号がより良いものになっていく。フェス終了後は、この称号とチームの勝敗に応じたご褒美がもらえるそうだ。

 僕はポイント最大の称号「えいえんのごはんガール」までプレイしたので、報酬となる「スーパーサザエ」が結構もらえるのだが、はたして。

Splatoon_07_08.jpg
ニュースで発表されたフェスの結果

 結論としては、僕の所属していたごはん派が勝利した。フェスは「投票率+勝率×2」の合計数で競う形になっており、ごはん派はそのどちらもパン派を上回っていたのである。報酬としてスーパーサザエを24個ももらうことができ、これでギアの厳選ができるというわけだ。

 初めてのフェスということで問題もあったのだが、たまに開催されるならこれは楽しいイベントだ。またあのBGMを聴きながら対戦したいものよ。

コメント

非公開コメント