赤いきつねと緑のたぬきより、カーボンローラーに悩まされる 『スプラトゥーン』

驚きの内容となる第二回フェス

Splatoon_10_01.jpg
日本国内での第二回目となるフェス告知

 『スプラトゥーン』で第二回目のフェスが告知されたのだが……。いや、はじめは「なんだこのコラ画像は?」と思うような話だったのだが、この「赤いきつね VS 緑のたぬき」というのは本当にやるらしいのだから驚きだ。

 まさか他企業とのコラボをこうも軽くぶっこんでくるとは、まったくもって話題作りもうまいゲームである。しかも、狐や狸のオブジェがある本作と合った題材であるし、世界観設定としても笑える話だ。

Splatoon_10_02.jpg
「緑のたぬき」を選んだ時のフェスTシャツ

 広場ではさっそく各陣営がMiiverseへの投稿で争い(?)を繰り広げており、かわいい狐や狸に扮したイカたちのイラストが投稿されたり、あるいはまったく関係ない即席麺のロゴが描かれていたりと盛り上がりを見せている。

 この第二回フェスは2015年7月3日~4日に開催されるそうだ。その前にアップデートでフェスのマッチングも改善されるそうだし、二度目にも関わらず楽しみなところである。
このエントリーをはてなブックマークに追加


新ブキも続々と登場

Splatoon_10_03.jpg
新ブキ「ノヴァブラスター」を装備した様子

 ところで、新たなブキのほうも続々と登場している。2015年6月24日にはブラスター系の「ノヴァブラスター」が解禁となっており、これがなかなか面白い。

 このブキを含めブラスターは3種類存在しているが、ノヴァブラスターは最も射程が短くなっている。そのため、いかにして敵に近寄るかがカギとなっているわけだ。

Splatoon_10_04.jpg
ノヴァブラスターはまとまった相手を連続キルするのが得意

 はじめは癖があって手こずったブキだが、慣れてくればかなり楽しい。正面から敵地に行くのは避け、隠れて相手をおびき寄せることを考え、かつ壁を利用して有利な状況を作り出すことが大切なのである。

 サブウェポンもスペシャルウェポンも相性がよく、こいつはなかなか面白いブキだ。問題があるとすれば、ひとりで前に出過ぎて味方を忘れてしまいそうになりがちなことか。

Splatoon_10_05.jpg
新ブキ「カーボンローラー」をかまえたイカ

 そして、2015年6月27日には「カーボンローラー」と「デュアルスイーパーカスタム」も登場した。後者は既存ブキのセット変更だけなのでさておき、前者のほうは完全新作のため人気が高いようだ。

 カーボンローラーは軽量化されたローラー系列のブキで、振りも塗りも早い。ただし威力は低く、相手を轢いても一撃では倒せないし、インクを飛ばす量も少ないという作りになっている。

Splatoon_10_06.jpg
ローラーでローラーのあとをおいかけっこ

 数時間はこのブキを練習してみたのだが、結論としては「ふつうのローラーが使いてえ!」というものであった。とにかく隠れている敵をあぶり出すのが難しいし、一撃で倒すにはインク飛沫とローラー直撃の両方が必要なため、振るタイミングもシビアなのだ。

 おそらく、サブウェポンのスプラッシュボムをうまく使えるかどうかがこのブキのカギな気がする。このボムは牽制や相手の体力を削るために必要なので、それがうまく使えないとどうにも動きづらいのだ。正直なところ、「ラピッドブラスター」以上にこのブキの真価が掴めていない。

コメント

非公開コメント