Xbox 360インディーズゲーム 2015年下半期の新作

2015年7月

7/4
AvatarWasteland_ss.jpg

Avatar Wasteland ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:dreamwagon ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/07/03

 新作なのに完全に荒れ果てている対戦ゲーム。オンライン16人プレイに対応。

 アバターたちが、オープンワールドの荒れ地で戦う対戦型FPS(一人称視点シューティング)である。しかし、荒れ果てすぎていてまともな作品ではない。
 廃墟がいい加減で窓枠が浮いていたりするのはともかく、画面の半分を埋める銃はジャンプしていると撃てない欠陥つきで、処理落ちは頻繁なうえによくマップにハマる。荒れ地より荒れ果てているゲームだ。


7/7
GameofHorror_ss.jpg

Game of Horror ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Psychdyke ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/07/05

 鍵探しホラー・ゲーム。

 殺人鬼が潜む館で鍵を探すホラー・ゲームである。製品版ではマップが自動生成されるほか、館で殺された人々のデータを収集する要素もある。
 安価な割に、何者かに追われながら薄暗い館を歩きまわる緊張は表現できている。そして、それ以外は……というこの場ではよく見るパターンだ。恐怖ですら薄味が好きな健康志向なあなたに。


7/16
MaisonKanraku_ss.jpg

Maison Kanraku ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:TchagataGames ジャンル:キャラクター アクション 2015/07/16

 PCエンジン風の“パンティー投げシミュレーター”『めぞん歓楽』。

 パンツを投げ、老婆たちから見つからないように箱(?)を拾い、ゴールを目指す2Dアクション・ゲームだ。開発は『Nandeyanen!? - The 1st Sutra』を手がけたTchagataGamesである。
 80年代の漫画的世界観をイメージしたゲームであり、アートワークを見ていると思わず「たはは……」という声が出そうになる。ゲーム内容は無難だが、海の向こうからこんなゲームが出るということがすごいのだろう。


SpaceBattle_ss.jpg

Space Battle ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Antoni ジャンル:シューティング 2015/07/16

 オンライン31人プレイ対応がウリであり足かせの全方位シューティング。

 「開発者の自宅が見られるホラー・ゲーム」で有名なChris Antoniの新作は、オンライン向けのツインスティック・シューティングである。ひとり用もあるが、オマケ程度だろう。
 面白くなる要素がなさそうだし、31人揃うこともまずないだろうが、かといってクソゲーなどと言うのはためらうくらいには動作しており、とはいえマシなゲームとも言い難い作品である。


2015年8月

8/20
ReallyScary3_ss.jpg

Really Scary 3 ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Antoni ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/08/19

 シリーズを見ていくとほっこりするホラーゲーム。

 相変わらず、開発者の自宅らしき場所が舞台となったChris Antoniのホラー・ゲームだ。なお、本作は『Really Scary 2』の続編である。
 さすがに三作目だけあって進歩を感じられる。これまで以上にいろいろなモンスター(?)が出るし、選択肢やテキストが用意されていたり、更にはアクション要素まで盛り込んでいたりと、「拙いなりに頑張っているのだなァ」と心が温まった。ホラー・ゲームなのに。


8/24
CryptoftheSerpentKing_ss.jpg

Crypt of the Serpent King ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Juan Alberto Munoz ジャンル:RPG 2015/08/20

 見た目だけは良いダンジョン探索RPG。

 自動生成のダンジョンを探検する主観視点のアクションRPGである。スケルトンやゴブリンといったモンスターを倒しつつ、鍵を探して地下の探索を行っていく。
 モンスターやダンジョンの見た目はいいのだが、ゲームとしてはアレだ。敵のひるみが大きいため攻撃を続ければボスもハメ殺せるし、自動生成のくせに1階で既に見たことのあるフロアばかりになる。……スクリーンショットは良さげなのだがなァ。


8/29
BoardGamesLive_ss.jpg

Board Games Live ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gamefarm ジャンル:テーブル ゲーム 2015/08/28

 “ボード・ゲームをつくって遊ぼう”というゲーム。オンライン・システムリンクでの8人プレイに対応。

 ボクセル・スタイルで好きなボード・ゲームを作れるというタイトルである。ボードや駒のデザイン、ルールを示すテキストが設定可能なほか、16の古典的なゲームが収録されている。
 PCで登場している『テーブルトップ シミュレーター』を真似たものだと思われる。それ以上を求めないのは当然として、あとは一緒に遊ぶ人がいるかという細い道を通ったあと、ようやく話になるであろう作品だ。


ElectricRacingCar_ss.jpg

Electric Racing Car ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Torito Software ジャンル:レース & フライト 2015/08/28

 「スロットカー」のビデオゲーム化作品。オフライン2人プレイに対応。

 コースに作られた溝を走る「スロットカー」という玩具をレースゲームにしたものである。画面分割のふたりプレイが可能なほか、製品版ではサーキットの作成が可能とのこと。
 操作はアクセルとブレーキだけのシンプルな内容で、人と遊ぶには適した題材だろう。とてつもなく地味だが、それはもともとか。


8/30
PressXtoNotDie_ss.jpg

Press X to Not Die ¥309 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:All Seeing Eye Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/08/30

 イカれた世界(もとい制作チームの近隣地域らしき場所)を眺める実写ゲー。

 キチガイと戦い生き残りを目指すインタラクティブ・ムービーである。ムービーを見ている途中でボタンを押す指示や選択肢が出るため、それをこなしていくと先が見られる。
 地元感が溢れる世界、襲い掛かってくるキチガイの迫力のなさ、よくわからない選択肢による会話など、手作り感は否定できないか。しかしながら、この場においてはまだまともな実写ゲーでもあろう。


2015年10月

10/8
APOCTOWN_ss.jpg

APOC TOWN ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Antoni ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/09/18

 ゾンビものに見えない気もする2Dアクション。オンライン・システムリンクでの4人プレイに対応。

 自宅系ホラー・ゲームばかりを作るChris Antoniが、今度はゾンビを題材にしたサバイバル・2Dアクションに挑戦している。システムは『Loot or Die』の流用なので、基本的な部分はそこまで問題はない。
 問題があるとすれば、ゾンビがゾンビに見えないことと、デモの段階でアクションに飽きること、そしてオンラインにはまず期待できなさそうなことくらいか。“くらい”とはなんだ。


UltraAktion_ss.jpg

Ultra Aktion ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Fun Infused Games ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/10/02

 すべてが■の2Dアクション・シューティング。オフライン4人プレイに対応。

 主人公は赤い■であり、敵もステージも■である。とにかく四角でばかり構成されたゲームで、4人協力プレイに対応しているほか、8つの武器を使いこなして先へ進んでいく。
 見てわかるようにビジュアルには期待できないため、重要なのは2Dアクションとしての質である。無論、その点も完全にもダメであり、そこにある■が敵なのか足場なのか敵弾なのかわからない。やはりダメだ。


Lootfest360_ss.jpg

Lootfest 360 ¥309 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gamefarm ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/10/07

 冒険へ出る前に世界が崩壊しそうなアクション・ゲーム。

 自動生成のステージを遊ぶボクセル・スタイルのアクション・アドベンチャーである。なお、『Lootfest2』に続くシリーズ最新作となっており、今回はひとりプレイ専用のゲームとなっている。
 安定しない動作、鼻くそでもほじっていたほうが楽しいアクション、そして脳みそ空っぽな敵どもと、シリーズ最新作とはいったいなんなのかと考えたくなる。


10/11
2DWorldCreatorOnline_ss.jpg

2D World Creator Online ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Psychdyke ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/09/19

 『テラリア』クローンのオンライン対応版。オフライン4人、オンライン・システムリンクでの8人プレイに対応。

 冒険要素はなく、ブロックや家具などを配置して好きなものを作る2Dサンドボックス・ゲームである。なお、『2D World Creator』のオンライン対応バージョンだ。
 オンラインに対応した点や地形生成が変わったところが特徴らしいので、まァ特に言うことはなく。前作は大人気というわけにはいかなかったようだが、はたして需要はどれほどあるのだろうか。


GeologyBusiness_ss.jpg

Geology Business ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Svantech ジャンル:その他 2015/10/10

 掘りまくり金稼ぎまくりゲーム。

 ボタン連打でさまざまな鉱石を掘り、ハンマーを鍛えたり労働者を雇って効率を上げ、更に掘って金を稼ぐというゲームである。要は、今更な『クッキークリッカー』クローンだ。
 掘りながらほかの要素を見られなかったり、オートセーブなのかちょくちょく動きが止まるなど、真似をするにしても品質が低い。出遅れ加減もなかなかのもので、ふつうであれば諦めたであろうにも関わらず配信した点は評価できるような、あるいは更に評価を下げるような。


10/14
FirstSouthBeerPong_ss.jpg

First South Beer Pong ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:1st South Studios ジャンル:スポーツ & レクリエーション 2015/09/21

 何度目だ『ビアポン』。オフライン4人プレイに対応。

 ピンポン玉を投げてカップに入れ、相手にビールを飲ませるゲーム『ビアポン』のビデオゲーム化作品である。CPU対戦とローカル対戦が存在しているようだ。
 これといった特徴はないし(細かな設定はあるらしいが)、そもそも『ビアポン』のゲームはほかにも存在している。いったいどんな言葉をかければいいのか僕のほうが知りたい。


10/22
ZombieDefenseSquad2_ss.jpg

Zombie Defense Squad 2 ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Strange Games ジャンル:シューティング 2015/10/21

 違いを感じられないアバター・ゾンビ・FPS。システムリンク・オンラインでの4人プレイに対応。

 アバターを操作してゾンビを撃ち殺すFPS(一人称視点シューティング)である。協力プレイが主だがひとり用もあり、経験値を溜めてランクを上げたり金を稼いで武器を買うのが主な目的となっている。
 『Zombie Defense Squad』の続編なのだが、違いがよくわからない。キービジュアルもゾンビも同じだし、しいて言えばマップが変わったくらいか? 人気のジャンルではあるが、だいぶいい加減すぎやしないか。


AirportAnarchy-Lost Runways_ss

Airport Anarchy - Lost Runways ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:RZ Games ジャンル:戦略 & シミュレーション 2015/10/22

 空港入出港シミュレーション……の新作なのか?

 空港に出入りする飛行機に指示を出し、事故が発生しないよう運営していくゲームなのだが……。しかしこれ、同じデベロッパが前に出していた『Airport Anarchy』との差がわからない。
 キービジュアルもゲーム画面もほとんど同じだし、しいて言えばマップが変わったくらいか? ……と、ひとつ上の作品とまったく同じことを書かねばならない恐怖がここにある。まァ、こちらは追加要素があるだけなので、マップが変わっただけで十分なのだろうが。


10/26
HartaconTactics_ss.jpg

Hartacon Tactics ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Daniele Messina ジャンル:戦略 & シミュレーション 2015/10/25

 ファンタジーもののSRPG。

 『タクティクスオウガ』のようなターン制のSRPGである。カウス大陸を冒険するキャンペーンのほか、複数人での対戦モードやマップ・エディターが付属している。
 操作やカメラワークに難はあるものの、アニメーションや音楽などはかなりの出来である。とはいえ、評価の大部分を決するであろうキャンペーンはデモで触れないのだが。PC向けアルファ版は公式サイトで無料配布されているようなので、SRPG好きは興味を持ってもいいかもしれない。


2015年11月

11/1
BlockKing2_ss.jpg

Block King 2 ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Chris Antoni ジャンル:アクション & アドベンチャー 2015/11/01

 “地面破壊FPS”の続編。オフライン2人、システムリンク4人、オンライン8人プレイまでに対応。

 相手の立っているブロックを撃ち壊して落とす対戦型FPS(一人称視点シューティング)である。なお、本作は『Block King』の続編だ。
 今回は経験値やらを稼いだりスキンなどを手に入れる要素が追加されたようだが、これといった変化はよくわからない。ただ、人気があろうがなかろうがひたすらゲームを制作するChris Antoniの作品なので、制作した時点で満足していそうな部分は良い。


11/7
PlunderParty_ss.jpg

Plunder Party ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Gamefarm ジャンル:戦略 & シミュレーション 2015/10/07

 βテストを行っていたあの全世界侵略RTSがついに完成! オフライン4人プレイに対応。

 広大な世界で兵士を作り拠点を奪い合う“セミRTS(リアルタイム・ストラテジー)”である。パーティー向けの内容で、ターン制とリアルタイムの要素を併せ持った点が特徴とのこと。
 かつて『vikingfabian beta test』という資金集めの作品があったが、その完成品と思しきタイトルである。デモは序盤しか触れず地味な印象しか受けなかったが、まァ出ただけまともだと思いたい。


11/21
Advance_ss.jpg

Advance ¥103 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:All Messed Up Games ジャンル:テーブル ゲーム 2015/11/20

 『五目並べ』的ボードゲーム。オフライン4人プレイに対応。

 『Pente』という『五目並べ』的なゲームを元にしたボードゲームである。各ターンに1回ずつコマを置き、相手のコマを奪いつつより多くの点数を狙っていくというようなルールで遊ぶ。
 新作が少ないこの市場のことを考えると言いたくないのだが、言ってしまおう。スマートフォンで出したほうがまだいくらかマシなのではないか。いや、出しても十中八九は埋もれるだろうが、それでもだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント