「タチウオパーキング」でチャージャー練習中 『スプラトゥーン』

フェスもヤグラも遠い昔の話な気がする

Splatoon_12_01.jpg
第二回フェス「赤いきつね vs 緑のたぬき」の様子

 『スプラトゥーン』の第二回フェスが開催されたのが2015年7月3日だったので、あれから2週間ほど記事を書いていなかったわけだが、ふつうにほぼ毎日本作を遊んでいる。

 フェスでは「緑のたぬき」陣営に所属した僕であったが、結果は既に出ているように負けである。残念だがマッチングはものすごく快適だったし(同陣営対戦はなし)、スーパーサザエも18個もらえたので満足だ。

Splatoon_12_02.jpg
ヤグラにスーパージャンプしてくれる素敵なチーム

 さて、あれからも「ボールドマーカー」などさまざまな新ブキが登場しているが、僕はあまり代わり映えない感じのブキを使っている。やはり「ガチヤグラ」が非常に楽しく、かつこのルールでは「ラピッドブラスター」というブキが素晴らしいのだ。

新マップは駐車スペースが無い気がする立体駐車場

Splatoon_12_03.jpg
新マップ「タチウオパーキング」のスナイプポイントで射撃

 そういえば、新マップである「タチウオパーキング」も登場していた。このマップは見てのとおり高低差の激しいマップになっており、長射程のチャージャーが輝く場所だ。

 とはいえローラーやシューターが完全にダメということでもなく、ボムでのポジション牽制が怖かったりするし、そもそもチャージャー対チャージャーの場面も発生しやすいわけだ。あからさまにチャージャー向きとなれば対策してくる相手も多いわけで、その対策をいかにしのぐかという練習によい。

Splatoon_12_05.jpg
タチウオパーキングでガチエリアをプレイ

 というわけで、このマップでルールが「ガチエリア」の際は「スプラスコープ」を持ちだして戦っている。このルールの場合はにらみ合いが続きやすいので、うまくキルを取ってボムラッシュでエリアを確保することも必要だし、守るにしても裏を取られないような動きが重要になる。

 やはり後から追加されるマップはやや難しいものが多いため、練習しがいがあって楽しいものよ。

Splatoon_12_04.jpg
タチウオパーキングでは、ヘリコプターや高速道路の様子が見られる

 そういえばこの「タチウオパーキング」、かなり高い場所にあるためビル群や高速道路の様子を見ることができる。ここまで交通が整備されているということは、やはり人類並みの文明を持っているようだ。

 しかしこうなると、ボーイやガールのみならず、トラック運転手のおっさんイカなんかもいるのだろう。……疲れたおっさんのイカというものは、あまり考えたくない存在である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント