ゲームもamiiboも“もふもふ感”が活かされている 『ヨッシー ウールワールド』購入

ヨッシーの新作に手を出す

YoshisWoollyWorld_00_01.jpg

 2015年7月16日に発売されたWii U用ソフト『ヨッシー ウールワールド』を購入した。無論、関連amiiboも抑えてある。

 本作は、毛糸の「ヨッシー」がさらわれた仲間たちを救出するため、さまざまなステージに挑戦するアクション・ゲームである。開発はWiiの『毛糸のカービィ』を手がけたグッド・フィールが担当しており、今度はヨッシーたちの世界が毛糸になっているというわけだ。

YoshisWoollyWorld_00_05.jpg
『ヨッシー ウールワールド』起動画面

 あみぐるみとして登場しているamiiboもそうだが、やはりこの“手芸のような印象”というか“もふもふ感”というか、そういうものが本作において大事である。ねんど風のグラフィックが特徴の『タッチ!カービィ スーパーレインボー』もそうだったが、任天堂の2Dアクションは見た目の進歩を目指しているのかもしれない。

YoshisWoollyWorld_00_02.jpg
キャラクターはすべて毛糸で、ほかの要素も手芸関連になっている

 基本的には『ヨッシーアイランド』シリーズに準じた内容になっており、アクション・ゲームとしては劇的な変化を感じることはないか。敵を飲み込んで毛糸にしたり、その毛糸を投げて敵を倒すという基本システムは相変わらずだ。毛糸ならではのギミックも用意されているだろうが、まだ序盤しか触っていないのでなんとも。

YoshisWoollyWorld_00_03.jpg
毛糸のあみぐるみなので、変形も違和感なくこなす

 そういえば、本作はふたり同時プレイに対応しているほか、ヨッシー関連のamiiboを読み込ませることにより、ひとりで2匹のヨッシーを操作できるようになる。

 それ以外のamiiboでは、キャラクターを模した色のヨッシーを呼び出すことができる。『スプラトゥーン』の「ガール」ではあの“いかTシャツ”風のデザインになるのでなかなか笑えてよい。

YoshisWoollyWorld_00_04.jpg
これまでのシリーズで見たことのあるような敵・場所も違った雰囲気になる

 僕はこれまでの『ヨッシーアイランド』シリーズに、2Dアクションとしての劇的な変化を求め続けて失望をしていることが多い。今回もその点に関しては期待できそうにないが、やはりこのあみぐるみな世界はいいものだ。効果音なんかもほんわかしており、意外と新鮮に感じるのである。

 とはいえ、甥たちが遊びたいと言っていたから買ったというのが正直なところ。僕もそこそこ楽しめればいいのだが。

○ 『ヨッシー ウールワールド』レビュー 『アイランド』の血を受け継ぐ新鮮な毛糸の世界
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1955.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント