そういえば『ダイイングライト』のDLC「ザ・ボザック・ホード」をやっていたのだった

書かなくてもよかったDLCの話

DyingLight_BozakHorde_01.jpg
妙なテーマパークを作るのが大好きな狂人「ボザック」さん

 2015年6月2日に配信された『ダイイングライト』のDLC(追加コンテンツ)「ザ・ボザック・ホード」を遊んだ。

 ……いや、遊んだのはずいぶんと前のことなのだが、あまり面白くない内容だったので何も書かずに放置していたのだ。ではなぜ今更になって記事を書くのかというと、『ダイイングライト』にまたDLCが来るらしいからである。そのため書いておかないと、次の時に説明するのがむしろ面倒なのだ。

DyingLight_BozakHorde_02.jpg
さまざまなトライアル(お題)を連続してクリアしていく

 さて、この「ザ・ボザック・ホード」ではおまけ的なミニゲームが遊べる。なぜかボザックに捕まってしまい爆弾を付けられた主人公は、制限時間内に指定されたトライアルをクリアしていかねばならない。

 トライアルは種類がいくつかあり、パルクールでチェックポイントを通過していくというもの、ゾンビを倒すというもの、そして爆弾解除をするものなどになっている。

DyingLight_BozakHorde_03.jpg
爆弾解除と敵の処理を同時に行うトライアルも

 遊んだ感覚は『Dishonored』のDLC「Dunwall City Trials」と似ている。本編で登場した要素をやりくりし、なんとかDLC用のミニゲームをひり出したというべきか。

 アーケード・ライクというか、とにかく何度もプレイしてトライアルの内容やマップを覚える必要がある。一応は協力プレイに対応しているのだが、その性質から人と一緒に遊びにくい(誰かが足をひっぱるか、あるいは誰かがひとりでクリアしてしまうことになりがち)。

DyingLight_BozakHorde_04.jpg
本編にはなかったガス缶などのギミックも登場

 そのくせ実績は面倒で、一定の制限時間内にクリアしなければならなかったり、協力プレイで最後まで生き残って味方を倒す必要があるだとか、一度クリアすれば十分な割に手間だ。しかもプレイ中にコントローラーが壊れていることが判明したりと、もう踏んだり蹴ったりである。

DyingLight_BozakHorde_05.jpg
クリア報酬である爆発矢でゾンビを吹き飛ばして遊ぶ

 このDLCの報酬である「ボザックの弓」やそれで使えるさまざまな矢は、決して悪いものではない。だが、いまさら弓矢だけもらってもなァ……、ということもあり、いちいちこのDLCについて記事を書かなかった理由もわかるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント