三回目になってもまだまだ楽しいイカのお祭り 『スプラトゥーン』

紅茶フェス実施&新マップ登場

Splatoon_14_01.jpg
第三回フェス中のニュース

 『スプラトゥーン』の第三回フェスはTwitchで配信しながら遊んだところ、これがなかなか面白かった。もともとフェス自体も好きではあるのだが、このイベントはどうしても単調になりがちでもある。そこで、自分が話したり人から何かコメントをもらうとちょうどいいわけだ。

 いろいろと調整して『スプラトゥーン』の配信環境は整ったので、フェス以外の時も何か配信してみようかと思っている。ナワバリバトルなら見ている人が参加できるだろうし、いずれ時間のある時にやろう。

Splatoon_14_02.jpg
通常時の「モンガラキャンプ場」で看板を発見

 さて、楽しかったフェスの思い出……を語るより前に、新ステージ「モンガラキャンプ場」が解禁されたことを話さねばならない。第三回フェスと同時に登場したこのステージは、見てわかるように楽しげな場所である。ただし、周囲は水だらけで構造も単純ではない。

 周りが水によって遮られているわけで、つまり序盤は橋の上で撃ち合いをすることになる。そして水門が閉まると相手の裏側へすぐ回り込めるようになるというギミックもあり、これまでのマップに比べるとだいぶ複雑な印象を受けた。

Splatoon_14_03.jpg
フェス時のキャンプ場ではクラゲたちが遊んでいる

 このステージはフェスでも遊ぶことができたので、一応少しは理解が深まった。水門の関係で中・長距離のブキが役立ちやすく、しかし水門が閉まってからは短距離ブキが有利になりやすいという、変化に富んだステージといったところか。

 ちなみにガチマッチでは常に水門が閉まっているらしいが、エリアやヤグラを中心とした戦いになるのでまた話が違ってくるだろう。まだガチなキャンプ場には訪れたことがないので、そのあたりも気になるところだ。

Splatoon_14_04.jpg
ミルクティー色のインクと、タチウオパーキングの夜景

 ところで、今回のフェスではインクがそれぞれの飲料カラーになっている。僕はミルクティー陣営にいたので少し黄色がかった白いインクを撃てるのだが(なんだか誤解を招きそうな表現だがそうとしか言いようがない)、これが綺麗で驚いた。

 無論、レモンティー側も飲料をイメージした色になっており、その穏やかな白と黄色が普段はあまり見られない夜景でより映えるのだ。些細な変化と言ってしまえばそれまでだが、そもそも対戦自体が楽しいので少しの刺激がまた嬉しいのである。

Splatoon_14_05.jpg
ミルクティー色をしたガール

 そして、ミルクティー陣営のガールがやたらと美人に見えるのも特徴か。特にフェス中は照明が普段と違っていることもあり、雰囲気に飲まれて見えるものが変わっているのか、あるいは光のイタズラなのか。

Splatoon_14_06.jpg
第三回フェスは、記念すべきホタルの初勝利で終結

 ともあれ、フェスももう三回目だというのに細かい部分を見て楽しめているあたり、まだまだ付き合いは長くなりそうである。なんといっても夏には大型アップデートが控えているし、新たなCMでは登場するであろうコンテンツをちらりと見せており期待させるのもうまい。もっと『スプラトゥーン』を遊びたいと素直に思えて嬉しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント