しずえと一緒ならずっと仕事をしていたい 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』04

しずえとの幸福な仕事

butumori_HHD_04_01.jpg
しずえの意味深なようで実は純真なセリフ

 ホームデザイナーとしての仕事を順調にこなし、いよいよ公共事業のデザインを担当することになった僕の鼻息は、実に荒かった。

 無論、仕事に対するやる気があるわけではなく、しずえと一緒にいられるということに興奮しているのである。さっそく朝から打ち合わせをしたが、やはり彼女の笑顔はいつ見ても素敵だし、彼女の発する言葉すべてが僕を喜ばせてくれるのだ。

butumori_HHD_04_02.jpg
公共施設は外観をいくつかから選択可能

 できることなら一緒に食事にでも行きたいところだが、残念なことに仕事をせねばならないのである。今日は公共事業として学校を作るという話になっているのだ。

butumori_HHD_04_03.jpg
デザイン完了時の喜びのポーズ

 公共事業とはいえ、作り方はだいたいいつもと同じだ。外観を設定し、屋内に必要な家具を配置したら、あとは自分のセンスに合わせていろいろ設置するだけでよい。しずえの尻尾を眺めつつの仕事は、あっという間に終わってしまった。

butumori_HHD_04_04.jpg
しずえからのお誘い

 しかし完成してしまったということはしずえとはお別れなわけで、なんとも悲しい話である。しぶしぶ事務所に戻ると、なんとしずえが「よろしければ すしづめさんも来てくださいませんか…?」などと言い出すではないか!

 これはまさかデートの誘いか。弟が見ている前で言うとは大胆だな! ……と思いきや、実は“明日の朝に学校の完成式典があるから来て欲しい”という話であった。肩透かしもいいところだが、誘い方がかわいすぎたので許す。
このエントリーをはてなブックマークに追加


既にいじめが発生している学校が完成

butumori_HHD_04_05.jpg
式典中のしずえもまた魅力的である

 そんなわけで翌朝は式典に出席する。こうしてしずえとふたりで前に出て皆に話をしていると、やはり前世だか前作の記憶が蘇ってくるような……。ともあれ、式典はつつがなく終わり、しずえからの好感度も更に上昇したことだろう。

butumori_HHD_04_08.jpg
完成直後の使用イメージ

 さて、せっかくなので完成した学校のデザインを見ておこう。今回のイメージは“シックで高級感が溢れつつも小学校っぽさを拭えない感じの学校”であり、椅子や壁紙などは大人びた雰囲気をしているが、人体模型や大量に設置されているザリガニなどのアンバランスさがウリだ。

butumori_HHD_04_06.jpg
ハカセらしいことを言う生意気なブタ

 式典後は実際に学校として使われている様子を見ることができ、生徒や先生たちもいる。ちなみに、「どうぶつの森 amiiboカード」を使うと、カードのキャラクターを施設の登場人物として配置できるようだ。

butumori_HHD_04_07.jpg
嫌がらせをものともしないクワトロ

 なお、先程からちらちらと写っている“花が置かれた机”の使い道はこんな感じだ。既にこういう悪質な嫌がらせをするヤツがいる学校になってしまっており、前途多難である。

butumori_HHD_04_09.jpg
更なる試練もとい仕事の訪れを告げるマミィ

 さて、学校も無事に運営されているようだし、式典もきちんと終えたわけである。あとは外回りと言いつつゲームセンターにでも行って時間を潰そう……と思ったところ、「マミィ」なる客がやってきてしまった。

 こうなるともはや時既に遅し。仕事を押し付けるのが得意なタクミ先輩から、土地付きの物件というこれまた面倒そうな案件をやれと言われるのであった。いや、問題はその仕事にしずえがいないことか……。

○ しずえがいないと仕事のテンションだだ下がり 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』05
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1963.html

コメント

非公開コメント