いよいよ最高峰のウデマエへ 『スプラトゥーン』

ガチマッチ日和

Splatoon_16_01.jpg
Ver.2.0.0でのハイカラニュース

 大型アップデートでいろいろと変化した『スプラトゥーン』は、ハイカラニュースのテキストも新たなものが追加されている。こういう細かいところも実に嬉しい。

 さて、追加された要素をいろいろ楽しんでいるのだが、その中でも一番遊んでいるのはやはり「ガチマッチ」である。ウデマエという階級のようなものを上げたいがためにこれをプレイしているわけだが、やはりそう簡単にはいかないものよ。

Splatoon_16_03.jpg
見通しのよくなった高台で敵を待ち構える

 ちなみにウデマエは、勝利してもらえるポイントを100にすると昇格できるのだが、ウデマエS(僕のウデマエ)ではこれが非常に上げづらい。勝利して入るのが1~5ポイント程度であり、しかし負けると3~8ポイントは持っていかれるのだ。勝率を高く維持するのは当然のことだが、ポイントを引かれやすい試合(格下相手の試合)では絶対に負けられないのである。

 とりあえず、スプラスコープを持ちガチエリアをこなしてポイントを上げるものの、うっかり負けるとすぐに稼ぎ分がなくなるわけだ。一度96ポイントまで上げてからガッツリ落ちた時は頭を抱えた。

Splatoon_16_02.jpg
ランク25で獲得できる「アーマーメット レプリカ」

 ガチマッチを連続で遊ぶ場合は適度な休憩が必要である。一瞬の判断が重要な対戦ゲームは集中力が欠けた状態でプレイするべきではなく……などと語るまでもないか。

 僕は広場にいるジャッジくんの話を聞いたりして休むのだが、なんとランクが25になった記念に彼からギアをもらうことができた。このあたりもアップデートの恩恵か。

Splatoon_16_04.jpg
シールドと塗りでエリア防衛に専念している場面

 この日は日曜日だったこともあり、かなりの時間をプレイすることができた。やはりウデマエを上げるために最も重要なことはたくさん遊ぶことであり、それも楽しくやれたほうがいい。

 そういえば、はじめてガチエリアに「.52ガロン」というブキを持ちだしてみたのだが、これがなかなか良い。具体的には、“アロワナモールがあるもののチャージャーを持ち出しにくい組み合わせ”の時に使いやすいのだ。しかし、ルールがガチヤグラになるとやはり「ラピッドブラスター」のほうが頼れるケースも多く、ルールやマップによってブキを持ち替える重要性を改めて噛みしめるのであった。

Splatoon_16_05.jpg
いよいよウデマエにおける未知の領域に突入

 ともあれ、素晴らしきブラスターのおかげで「S+」に到達できた。文章にするとあっさりしているが、達成した時は喜びで声を上げたほどである。しかし、最高のウデマエになったということは、ここから先の道はより大変ということであり……。腕が鳴るというものよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント