僕にとっての楽園はしずえの家だった 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』10

今度はしずえを“顧客”にする

butumori_HHD_10_01.jpg
しずえがいないたぬきハウジング

 ただでさえ会社に行くのは憂鬱だというのに、しずえがいないとなるとそのつらさも数億倍である。ああ、公共事業を終えたあとはもう二度と彼女に会えないのか……。

butumori_HHD_10_02.jpg
久々に「amiiboフォン」を活用する

 いや、そんなことはない。電話をして彼女に会いに行けばいいのだ。しずえ家の電話番号は知らなかったが、「きゃらぱふぇ 2015年9月号」というあやしい存在に金を詰むことにより、ついにそれを突き止めることに成功した。

butumori_HHD_10_03.jpg
電話の向こうにいるしずえ

 ダイヤルしたあと電話の向こうに現れたのは、確かにあの美しい声の持ち主である。しかし、いったい何をどう話せばいいのか混乱する。いきなり思いの丈をぶつけるのはおかしいし、かといって会社で雑談するのも……。そうか、仕事の話をすればいいのだ!

 しずえと一緒に仕事ができないのであれば、営業という形でこちらから仕事の提案をすればいい。条件を良くすれば向こうも喜んでくれるわけであり、なんという素晴らしい案なのか。こうして僕がしずえの家をデザインすることになった。

butumori_HHD_10_04.jpg
ドキドキしているしずえ

 考えてみれば、僕は数々の公共事業を手がけた一人前のデザイナーであり、その実力についてはしずえも役所も認めているわけである。そんな人物が個人の(しかも親しい相手の)家を手がけるとなれば、喜ばれないわけがなかろう。なぜこれまでこの手を思いつかなかったのか。

butumori_HHD_10_05.jpg
黄色を基調にシンプルにまとめたしずえの家

 まァ、これまで手がけた家に問題がなかったわけではないが、それはそれである。しずえの家をデザインするとなれば、極めてまともであり住みやすそうな家以外を作るわけがない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


しずえとの蜜月の日々

butumori_HHD_10_06.jpg
しずえ家の庭先で妄想にふける

 さて、デザインを終えたあとは家を覗き見……ではなく、住み心地を確かめるための訪問をしておこう。これは決してストーキング行為などではなく、仕事の一環である。

butumori_HHD_10_07.jpg
自宅でのしずえに驚く僕

 ノックしてドアを開けると、そこにはメガネの美人がいた。いったいこれは誰だ!? と驚くもさすがに白々しいか。なんとしずえは近眼であり、外ではコンタクトレンズをつけているのであった。

butumori_HHD_10_08.jpg
より芋臭く見えるメガネを褒められたしずえ

 服装もリラックスしたものになっており、こういう姿のしずえも新鮮で魅力的だ。ずっと眺めていたいところだが、ひとまずこの日は適当に雑談して帰ることにした。そう、とりあえず今日は……。

butumori_HHD_10_09.jpg
しずえの料理を見てなぜか照れる僕

 もはやしずえは僕の顧客になったわけであり、翌日にまた彼女の家を訪ねてもなんらおかしくないのである。僕の存在が邪魔かもしれないという可能性はあるものの、いつしずえの家に行っても彼女は暖かく迎えてくれるし、それどころか「いつでも来て欲しい」と言うくらいだ。

 とはいえ、ただ遊びに行くだけではサボりになってしまうわけで、今日は彼女の家を増築することにした。僕が家にキッチンを作り、そこでしずえが僕に料理を作ってくれる……。なんという理想的な関係なのか。

butumori_HHD_10_10.jpg
しずえ家の寝室はなぜかダブルベッド

 そして、二階の寝室のベッドはさりげなくダブルにしておいた。部屋の広さも十分だし、しずえが寂しいと言ってくれたら僕がいつでも泊まれるわけだ。


 更に翌日には、しずえの家をコンサートホール風にリフォームし、彼女に歌を披露してもらった。はたしてどれだけ彼女の家に金をかけているかという話だが、どうせ会社持ちなので問題はない。それにしても、しずえの歌声は本当に最高だ……。

butumori_HHD_10_11.jpg
しずえからのありがたいお言葉

 ああ、しずえとの日々はなんて甘美で素晴らしいものなのか。彼女も「これからもよろしくお願いしますね~!」と言ってくれていることだし、もうしずえ専門のデザイナーになろう。ずっと彼女の家で楽しく過ごし続けるのが僕の生きる意味であり、目的だったのだ……!

○ 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』プレイ記録 おわり

コメント

前回のラストでバッドエンドになってしまったのかな?と心配しましたが、
しずえさんとの幸せなハッピーエンドで安心しました。
これからもしずえさんと仲良く幸せに暮らせるよう祈っています。
非公開コメント