マリオメーカーでも、僕にとってはしずえメーカー 『スーパーマリオメーカー』

『スーパーマリオメーカー』購入

SMM_01_01.jpg
『スーパーマリオメーカー』起動画面

 2015年9月10日に発売されたWii U用ゲームソフト『スーパーマリオメーカー』を購入した。本作は“『スーパーマリオ』シリーズのコースを作って遊ぶ”というゲームである。

SMM_01_02.jpg
最初のチュートリアル的なコースを製作している様子

 僕はこういう“ものを作るゲーム”が得意でなく、『マインクラフト』も『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』も熱烈にハマったというわけではなかった(どちらもそこそこ楽しめはしたが)。よって、人が作ったコースを遊ぼうという考えではじめたわけだ。

SMM_01_03.jpg
1-1のようなサンプルコースの地下にはディスコ(?)が存在

 まず「10人マリオチャレンジ」というモードでは、本作の開発スタッフが制作したさまざまなコースが遊べる。既にこの段階でかなりレベルが高く、というかさすが本職だと言える内容ばかりだ。

 あくまでサンプルではあるが、しかし“1-1を遊んでいると思ったら、地下ではディスコが展開されていた”などという一発ネタも見事なものだ。

SMM_01_04.jpg
ギミックは複雑だが見ているだけでいいというコース

 当然ながら、それぞれの仕掛けの使い方も参考になる。はじめは使える要素が少ないものの、いずれ解禁されるであろうベルトコンベアなどを使えば、自動でアイテム・敵が移動するコースなんかも作れるわけだ。それをアレンジすれば、更に可能性が広がるであろう。

 とはいえ、プレイ専門の僕には関係ない話である。とりあえず、このサンプルを見て世界の人々が楽しいコースを作り、その恩恵に預かれれば何よりだ。……とこの時まで考えていたのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加


「キャラマリオ」を見て“つくる”

SMM_01_05.jpg
「キャラマリオ」でマリオがジャンプ台に変身

 ところでこのゲーム、初代『スーパーマリオブラザーズ』のスキンでは「キャラマリオ」なる要素が存在している。これはマリオがさまざまなキャラクターに変身するというものであり、「ルイージ」や「ピーチ」はともかく、「ジャンプ台」や「麻雀牌」にまでなれるというブッ飛んだ要素だ。

 この要素は、誰かの作ったコースを遊ぶ「100人マリオチャレンジ」をクリアすると解放されるほか、対応しているamiiboを読み込むことで使えるようになる。amiiboが対応しているということは……。

SMM_01_06.jpg
あの「しずえ」も本作にキャラマリオとして登場

 そう、『どうぶつの森』のヒロイン的存在である「しずえ」もキャラマリオに対応しているのだ。これらキャラマリオのドット絵はすべて描き下ろしとなっているようで、アニメーションや決めポーズ、そして効果音までいちいち用意されている(しかも全99種類らしい)。

 ドットになってもしずえはかわいい。ジャンプすると目をつむり、着地すると鈴の音が鳴り、しゃがむ姿もまたたまらない。そんな姿を見ていると、しずえが動くコースを遊びたいと思うのが人情というものである。

SMM_01_07.jpg
しずえのコースをテストプレイしている様子

 しかし、本作はまだ発売されたばかりである。しずえのコースがたくさんあるわけがなく、となれば自分で作るしかないわけだ! そう思い立ってコースを作り公開したところ、遊んでくれた人数がわかったりコメントをもらえたりで、作ることも楽しくなってしまった。遊ぶ専門のつもりだったのだが、どうやら作るゲームとしても満喫できそうである。

 なお、僕が初日に作ったコースは以下のIDを入力することで遊ぶことができる。難易度はやや低め(ただしアスレチックは難しいかも)となっており、しずえを眺めることを中心とした構成だ。よければ「世界のコース」から検索して遊んで欲しい。

○「しずえのさんぽ」
5515-0000-000F-6C42

○「しずえのアスレチック」
D750-0000-000F-6D30

○「しずえのちかたんけん」
DBBC-0000-000F-82BF

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント