ニッキー&ピーチが主役のコースや「POW!!」など、第24弾までの製作コースまとめ 『スーパーマリオメーカー』

相変わらずコースを作り続けている近況

SMM_04_01.jpg
ドンけろーねさんの「逃げて!ルイージ!」というコース

 このところ『スーパーマリオメーカー』では、いろいろと遊んでアイデアの収集に励んでいる。やはり遊ぶと何かを思いつくもので、よくわからないコースができあがってくるものだ。

 しかし、以前にも書いたプレイヤー不足は更に深刻な状況となっており、なかなか良さそうなコースでもほとんど遊ばれていない場面もちらほら見る。営業や広報が大事なのは当たり前なのだが、それにしても数が多すぎて埋もれることの深刻さときたら。

SMM_04_03.jpg
コース「しずえ そらのたび」

 さて、僕が作ったコースの話をしよう。新たなしずえコースとしては、「しずえ そらのたび」(ID:503F-0000-006D-3C2E)というものを製作した。

 これまでしずえの陸・海・飛行船などのコースを作ってきたが、今回は“ジュゲムの雲”を使ってみたいということになった。このアイテムは行ける場所が多すぎて問題になりやすいためいくつかルートを設定してみたわけだが、やや窮屈な印象を受ける感じになってしまったか?
このエントリーをはてなブックマークに追加


しずえではないコース

SMM_04_02.jpg
コース「乗り換えメットコースター」

 そして、しずえではないコースを作る回数が増えてきた。「乗り換えメットコースター」(ID:5299-0000-006B-5A5E)は、しずえで再現する必要性が薄い(かつ仕様的にも困る面がある)ので、ふつうのマリオで作ってみたわけだ。

 僕は“全自動マリオ”と言われるコースが嫌なのだが(あれはプレイ向きではなく動画向きである)、しかしメットに乗って楽に進むという要素自体は好きだ。ということで、乗って楽をするも良し、動けば分岐もあり、さらにまったく乗らなくてもクリアできるというコースを目指した。

SMM_04_04.jpg
コース「怒りのハナちゃんロード」

 続いての「怒りのハナちゃんロード」(ID:C02C-0000-007C-B7B8)は、誰かのコースで遊んだ時にいたレール上のハナチャンを見て作ったものである。そのコースでは極一部の仕掛けに過ぎなかったが、一本のコースにできると思ったわけだ。

 要はハナチャンがリフトの代わりになっただけなのだが、しかし乗っていると常にジャンプ状態となるし、更には大ジャンプも可能である。見た目も面白いしなかなか良いコースだと思うのだが、評価のほうはまァふつうだ。

SMM_04_05.jpg
コース「おいかけっこ」

 そして、「おいかけっこ」(ID:743B-0000-0081-8417)というコースも作ったのだが、これは失敗だったかもしれない。いや、出来自体は悪くないと思うのだが、そもそもの考え方が間違っていたのだ。

 というのも、本作には“マリオがクッパを追いかける”というコースがあり、それに対し逆の立ち位置となるものを作ったわけだが、そもそも『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のラスボス戦自体が“クッパに追われる”というものだった。僕もやっていたはずなのだがすっかり忘れており、なんともマヌケな感じである。

SMM_04_06.jpg
コース「ニッキー、マリオ博物館へゆく」

 そういえば、キャラマリオのコースもいろいろ作っている。「ニッキー、マリオ博物館へゆく」(ID:323B-0000-0083-A79A)もそのひとつだ。

 これはニッキーを主役に据えたのだが、どうも彼女がクリボーやノコノコを踏むというのは似合わない気がした(喜ぶ人は多そうだが)。ということで、ニッキーらしい日常に少しアクション要素を入れたコースにしたわけだ。

SMM_04_07.jpg
コース「クッパおでかけ中」

 また、ピーチのキャラマリオを手に入れて作ったのが「クッパおでかけ中」(ID:F3F4-0000-0091-0F35)である。

 これは『スーパーマリオブラザーズ』の8-4をなんとなくコピーしていた時にできたコースで、かといってそのままではやや難しいうえに面白くないため、ピーチに城を走ってもらうことになった。

SMM_04_08.jpg
コース「ひめのセルフだっしゅつ」

 そして、そのピーチの様子を見て思いついたのが「ひめのセルフだっしゅつ」(ID:97DB-0000-0091-A1CD)というコースである。“ピーチも戦えるわけだから自分で脱出しろ”という話を実際にコースにしたわけだ。

 右ではなく左に進んだり、はじめにクッパが登場して徐々に敵のランクが下がっていったり、裏道を通ることによって楽にクリアできたりと、それらしい要素をいろいろと入れてみたが、どうだろうか。

SMM_04_09.jpg
コース「POW!!」

 最後に、「POW!!」(ID:640A-0000-0093-B041)というコースも作ったのだが、これは説明不要であろう。「POW!!」はPOW!! であり、とにかくPOW!! で、POW!! なのだ。

コメント

非公開コメント