『スプラトゥーン』Ver. 2.3.0で新ギア・ブキ・美術品を堪能中

秋のアップデートが実施

Splatoon_23_01.jpg
Ver.2.3.0アップデートの告知

 『スプラトゥーン』の更新データ(Ver. 2.3.0)が2015年11月13日に配信された。「Nintendo Direct」でいきなり発表されたうえに即配信だったもので、いやまったく嬉しいサプライズである。

 今回は、秋・冬もののギアやらステージが追加された。詳しくは任天堂 公式サイトの該当ページを見てもらったほうがいいだろう。

Splatoon_23_02.jpg
新ギア注目株のひとつ「イカノルディック」

 ギアが追加されるのは、バトルとファッションの両面からしてとても喜ばしい。「イカノルディック」や「イカノボリベスト」は需要の高い能力・ブランドの組み合わせだし、単純に秋冬物コーデができるのも楽しいわけだ。

 ただまァ、イカの世界は基本的に暖かいらしいのでちぐはぐな感じもなくはないか。分厚いコートを着込んでいるのに下半身はスパッツだったりと、ある意味では喜ぶ人もいるかもしれない雰囲気もある。

Splatoon_23_03.jpg
新ステージ「キンメダイ美術館」のニュース

 そして、アップデートの翌日に追加された「キンメダイ美術館」というステージがこれまたすごい。回転扉のあるステージというギミック的な話はさておき、展示品のこだわりが見事なのだ。

Splatoon_23_04.jpg
ウォーホル的な芸術らしきもの

 ステージ中にはさまざまな美術品があり、それこそはじめはバトルを放棄して眺めたくなるくらいである。こういうのは適当な使い回しが採用されるものだと思っていたのだが、新規アートも多いしイカの世界観としても新発見が多いのだ。

Splatoon_23_06.jpg
誰もが憧れる巨大スーパーサザエ

 求められているであろうイカの水着イラスト、「考えるイカ」の彫刻、そしてスーパーサザエを拡大しただけと思しき魅力的すぎる立体物……。新規ステージにしても気合の入りまくった内容だし、追加ステージはもうないものだと思っていたので嬉しい限りだ。

Splatoon_23_07.jpg
新ブキ「ハイドラント」を試着

 無論、新ブキは継続的に追加されており、2015年11月21日には最長射程スピナーである「ハイドラント」が登場した。いろいろ新しいブキが出て使うだけでもだいぶ間が持つというのに、継続的なアップデートは本当にありがたい限りだ。

Splatoon_23_08.jpg
第8回フェスにおけるバトルの様子

 第8回となるフェス「食べたいのはどっち? 山の幸 vs 海の幸」も開催されており、僕はいままであまり使っていなかった「96.ガロン」で遊んでいる。このブキもなかなか面白いものだが、まだ使っていないブキはたくさんあるので嬉しくて困るものよ。


 さらに、今後は「マヒマヒリゾート&スパ」なる新ステージも登場するようだ。2016年1月までアップデートは続くそうなので、とりあえず2015年内は変わらず『スプラトゥーン』ばかりの日々となりそうである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント