『Fallout 4』冒険者の手記 #8「コベナントには何も残らない」

小奇麗で不気味な町

Fallout4_08_01.jpg

 ニックの事件を無事解決し、道中で手に入れた資源によって財布も潤った。再びレールロード探しの旅を続けよう……と思っていたところ、立ち寄った「コベナント」という小さな町でトラブルに巻き込まれてしまった。

 この町はキャラバンとの交易もしているようなので、もともとは何か良い武器が置いていないか店を見るだけのつもりであった。しかし、中へ入るには「安全テスト」を受けねばならないというのが妙である。

Fallout4_08_02.jpg

 このテストは人間と人造人間を見分けるための質問集らしい。それだけなら警戒心が強いだけの町と言えるし、ある程度の制限をかけることもおかしくはない。また、レモネードらしきものをくれる「ディーザー」というロボットがいたり、奇妙な声のショップ店員「ペニー・フィッツジェラルド」がいたりして面白い場所なのだが、しかしどうも……。

Fallout4_08_03.jpg

 妙な違和感を確信に変えてくれたのは、この町にやってきていた「正直者のダン」であった。彼はキャラバンの娘を探してここへ来たそうだが、そのことを人々に聞いてもまったく答えてくれないそうだ。つまり、町ぐるみで何か隠蔽しているのではないかということで、私がそれを手伝うことになってしまう。

 娘と同行していたキャラバンの死体を確認したり聞き込みをしたが、特に進展はない。これでは埒があかないため町のリーダーのパソコンをハッキングしたところ、「コンパウンド」なる場所で何か秘密の研究をしているらしく、キャラバンの娘もそこにいるようだ。

Fallout4_08_04.jpg

 さっそくそこへ向かおうとすると、町のリーダーが私を止めに来た。もはや銃を持ち出すのも時間の問題かと思いきや、彼は私を買収しようとしてきたのだ(それもたった100個のキャップで)。妥協の余地はないのかと尋ねたものの、彼はただ「コンパウンドに近づくな」と言うのみ。それで誰が納得するというのか。

「安全テスト」の研究施設

Fallout4_08_05.jpg

 下水道に作られているコンパウンドは、思っていた以上に広い研究施設であった。ここでは「安全テスト」で人造人間を見分けるための研究を行っており、そのためにかなり倫理的でない手法を取っていたようである。また、テストの精度はあまり高いものではなく、結局のところ人造人間かを確認するには解剖するしか手立てがないようであり……。

Fallout4_08_06.jpg

 さておき、護衛を撃ち殺し最奥部にたどり着くと「Dr.チェンバース」に遭遇する。彼女はかつて、人に扮していた人造人間に家族を殺されてしまった。そのためにインスティチュートや人造人間をひどく憎んでおり、このような研究に励んでいるそうだ。そして、私もそれに協力しろと命令された。

 彼女の境遇には同情するし、私もインスティチュートは憎い。かといって、コベナントの連中が人間を数多く殺したのはどうかしている。「安全テスト」も精度が上がり続けるかはわからないし、彼女たちの状況を見る限りではこれからも研究という名の人殺しを続けることだろう。

Fallout4_08_07.jpg

 私はコンソールを操作し、捕まっていたキャラバンの娘を助け出す。そしてダンから報酬をもらうのだが、その際にふと思う。もし彼女が本当に人造人間だったら……? ダンにもそのことを聞いたが、彼は報酬しか目にないマヌケらしい。

 さて、キャラバンの娘は人間かもしれない。人造人間であったとしても、インスティチュートから逃げてきた存在ならば揉め事も起こさないだろう。しかし、もし人々に仇をなす人造人間であったとしたのならば……。

残ったのは死骸

Fallout4_08_08.jpg

 なんら確信があったわけではないが、私は彼女の持ち物を覗く。すると、拷問を受け何も持っていないはずの彼女は、どこかに「人造人間の部品」を隠し持っていた。ということは、つまり……。

 そのことを知った瞬間、私が持っていたグレネードが“偶然にも”彼女のポケットの中に転がり込んだ。そしてしばらく経ったのち、出口のほうで爆発音が聞こえる。あとで彼女の親から報酬をもらうダンには不幸な事故が起こったものだ。

Fallout4_08_09.jpg

 そして地上に戻ると、コベナントの連中が私を殺そうと襲いかかってくる。はじめこそ撃ち返す気が起きなかったものの、弾丸が頬をかすめて正気を取り戻す。そして、彼らを全員殺した。

 キャラバンの娘の善悪は今のところわからないし、コベナントが町ぐるみで行っていた研究が将来的にどうなったかもわからない。ひとまず、この場所に残ったのは猫とロボットだけである。

○ 『Fallout 4』冒険者の手記 #9「自由への、インスティチュートへの道」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-2001.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント