『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』&『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』購入

ゲームを買いすぎた話

poken_amifes_01.jpg

 Wii U用ソフトである『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』を購入した。……のだが、まともに遊べる気がしない。

 現在は『スプラトゥーン』と『ダークソウルIII』を遊んでおり、このふたつだけでも時間が足りないというのに新たなゲームをふたつも買ってしまうとはどういうことか。まったくひどい話である。

 さて、『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』は「ポケモン」たちが戦う対戦アクション・ゲームである。バンダイナムコエンターテインメントとのコラボによって産まれた作品で、これは甥と遊ぶためだけに購入したわけだ。ひとり用も遊びたいのだが、まァそれは後回しでいいだろう。

poken_amifes_02.jpg

 一方、『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』は投げ売りされていたからという不純な動機で買ったパーティー・ゲームである。ゲームは遊びたいかどうかで買うべきであって、値段の高い低いで買うべきものではない。

 しかし、「しずえ(冬服)」のamiiboがついているのはあまりにも魅力的すぎる。既に同じものを持っており、だんだんと僕の部屋におけるしずえ率が高まっているが、それは幸福というものである。ゲームのほうは……、いずれやろう。とにかく、しずえがサバイバルするミニゲームだけはやりたいのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント