かつての絵本は16年経った今でも色あせない『マリオストーリー』

当時遊びそこねたゲームを16年越しに遊ぶ

MarioStory_01.jpg
『マリオストーリー』タイトル画面

 Wii Uのバーチャルコンソールで『マリオストーリー』を遊んだ。本作は2000年にニンテンドウ64で発売されたRPGで、マリオが星の精やピーチ姫を助けるためクッパと戦いを繰り広げるといった作品である。

MarioStory_02.jpg
クッパがキノコ城に襲撃を仕掛けたシーン

 スーパーファミコンの『スーパーマリオRPG』は遊んだことがあったのだが、その続編的な立ち位置にいる本作はプレイしたことがなかった。そんなわけで、ふと思い立ち買ってみたわけである。

MarioStory_03.jpg
クリオと一緒に星のふる丘を冒険

 このゲームはRPG初心者も遊べるように作られているようで、バトルで登場する数値の肥大化もなければ(最初は1ダメージの駆け引きからはじまる)、ストーリーも簡潔でわかりやすく、じっくりと遊べば多くの人がクリアへとたどり着けることであろう。

MarioStory_04.jpg
テレサのお屋敷でレトロなマリオになって謎解き

 しかし、16年前のゲームでも出来はかなりのものだ。ベタとも言える物語だがきちんと納得できる作りになっているし、雑魚との戦いを避けるような動きをすれば難易度もヌルすぎることはない。マリオの世界観も活かされており、街の人々や敵キャラクターもユニークだ。

MarioStory_05.jpg
ハゲタカの「ゲーハー」との中ボス戦

 バトル中の特定タイミングにボタンを押すことで有利になる「アクションコマンド」はやはり雑魚戦を退屈にさせないし、さらにはさまざまな仲間の特殊能力で道を切り開くシステムなど、新たな挑戦も行っている。また「星のかけら」というアイテムの収集要素などもあり、やりこもうとするプレイヤーに対しても抜かりのない完成度であろう。

MarioStory_07.jpg
マリオに殺されると勘違いしたペンギン野郎

 2016年の最新ゲームと比べれば見劣ってしまうだろうが、現在では“手頃な価格で販売されているダウンロード・タイトル”と捉えられるのでなかなかのものだ。『マリオストーリー』に込められたこだわりは多少変質していても、十分に伝わるのである。かつて自分が楽しんだ絵本を子供に読ませるような、そんな錯覚を感じた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント