ピーチ姫が何かの代役になったとしか思えない『スーパープリンセスピーチ』

わざわざ旅先で買ってきた中古ソフトを遊ぶ

SPPeach_01.jpg
『スーパープリンセスピーチ』タイトル画面

 2005年10月20日に発売されたニンテンドーDS用ソフト『スーパープリンセスピーチ』を遊んだ。本作の開発は『伝説のスタフィー』シリーズなどで有名なトーセが担当している(らしいのだが、現在は明記されている場所を確認できなかった)。

SPPeach_02.jpg
話の都合で捕まってしまった哀れなマリオ達

 いつもはマリオに助けられているピーチ姫だが、本作では立場が逆転する。クッパに囚われたマリオ達を助けるため、ピーチ姫は相棒となる「カッサー」とともに冒険の旅に出る……といった物語の2Dアクション・ゲームだ。

SPPeach_04.jpg
「哀」で涙を流して植物を成長させた場面

 道中にいるキノピオを助けつつ(≒収集要素を集めつつ)ゴールを目指すというシンプルな構造だが、「喜怒哀楽」といった4つの感情を使い分けるのが本作の特徴か。“喜”では空を飛ぶことができ、“怒”は炎をまとって体当たりができ、“哀”は高速ダッシュしながら涙を流すなど、それぞれの能力を活かして仕掛けを解きつつ進んでいくわけだ。

 また、ピーチ姫が主人公ということ、低難易度に仕上げているということから見るに、どうやら低年齢層やゲームに不慣れな人々を狙った作品でもあるようだ。

SPPeach_03.jpg
珍しくスライディングも使いこなすピーチ姫

 本作に対し“隠れた名作2Dアクション”というような評価をつけていた人がいたので遊んでみたのだが、結果から言えば2Dアクションとして出来がいまひとつである。しかも、何やら複雑な事情が見え隠れするあたりも作品に影を落としている。

11年前のソフトとしても気になる点

SPPeach_08.jpg
怒りの炎で周囲を照らしつつ強引に進むステージ

 とはいえ、難易度が低めのゲームとして破綻はない。ライフがあり穴に落ちても即死にはならず、途中で助けるキノピオも探すのに骨が折れるほどでもなく。ステージごとにいろいろなギミックを用意しようとする意図も感じられる。

 ただし、気になる部分が多すぎる。どう見ても届きそうなのにジャンプで飛べない足場、空を飛べるから適当でいいだろうというような配置、意味のない溜め撃ちやダッシュ攻撃など、古い作品とはいえ引っかかるのだ。

SPPeach_06.jpg
面倒としか言いようがないタッチペンを使ったミニゲーム

 感情で行動が変化する敵は見分けづらく、既存の敵をアレンジしたつもりなのだろうが、目を合わせると追ってくる「テレサ」などは存在意義がわからないし、やり直し前提な分岐や訳の分からないおみくじもがっかりだ。また、無駄にタッチ操作やマイクを使いたがるところもあるが、それはニンテンドーDSの初期作品ということで目を瞑るべきだろう。

 無論、こういった細かい部分が気になるのはゲームプレイに新鮮味がないからだろう。ピーチ姫が主役ということになっている本作だが、実はそれもあまり目新しくない。『スーパーマリオRPG』など“ピーチ姫が戦う”という要素を切り出せばほかにも例がいくつかある。

SPPeach_16.jpg
「カッサー」の記憶により語られる物語

 また本作の物語では、ピーチ姫やマリオより相棒の「カッサー」のほうが主役に近い。ワールドをクリアするたびに物語を見られるのだが、これがほとんどカッサーの出自に関する話なのだ。しかもそこに出てくるキャラクターたちはほとんどマリオに関係がないように見える。

 このあたりから察するに、“なんらかの新作アクション・ゲームを制作していたものの、あまりにもインパクトがなかったのでマリオの皮を借りたのでは?”と邪推してしまいたくなる。ピーチ姫が主役である意味も感じられないし、『スーパーマリオ』シリーズらしさがあるとしても敵キャラクターのグラフィック程度、リスペクトやオマージュもあまり感じられず、ますますその思いが強まっていく。

SPPeach_12.jpg
マイクを使って攻撃するクソ面倒な水中面

 当たり前だが、“隠れた名作”と言われるものにはなんらかの隠れる理由があるのだ。残念ながら、『スーパープリンセスピーチ』はピーチ姫の冒険とは言いがたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント