『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』で“謎解きアレルギー”治療に挑む

罵声を発さずに『ゼルダの伝説』を遊べるか

Zelda_SWS_01.jpg

 Wii U向けに配信されていたWiiソフト『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』を遊んだ。本作は『ゼルダの伝説』シリーズの創世記を描くアクション・アドベンチャーである。

 ところで、僕は『ゼルダの伝説』シリーズに悪い印象を持っている。というのも本シリーズで展開される“謎解き”の楽しさが理解できないのだ。だいたい理不尽な謎にキレてやめるし、仮に解けても何が楽しいかわからない。しかし本作は、フレンドから「きっと楽しめるはず」と薦められたのでプレイしてみることにした。

剣戟アクションと謎解きアドベンチャー

Zelda_SWS_02.jpg

 本作の舞台は、空に浮かぶ島「スカイロフト」である。主人公の「リンク」とヒロインである「ゼルダ」はこの地で仲良く暮らす幼なじみ。しかし、リンクはある時から奇妙な悪夢を見るようになり、次第にふたりは世界の脅威へと立ち向かう冒険を繰り広げるようになっていく。

Zelda_SWS_03.jpg

 操作はWiiリモコンプラスが採用されており、リモコンを振ることで剣で戦ったり弓で狙いをつけることなどができる。剣戟アクションはだいぶ練られており、「ギラヒム」のような剣を使いこなす敵キャラクターとの戦いは特に印象に残るであろう。

Zelda_SWS_04.jpg

 道中では「ビートル」「バクダン」などのアイテムが手に入るので、それらを使って立ちはだかる謎を解き冒険を進めていく。もし謎の答えがわからなくとも、剣の精霊「ファイ」がサポートしてくれるし、ほとんど答えを教えてくれてしまうような救済システムも用意されている。また、サブイベントや収集要素なども豊富だ。

とにもかくにもエンディングが綺麗だ

Zelda_SWS_05.jpg

 あまりにもWiiリモコンプラスを使った操作をさせたがりすぎる点があったり、音符を集めるイベントは面倒以外になんと言えばいいのかなど不満点もあるが、結論を言うとなかなか楽しむことができた。何が良かったかといえば、エンディングであろう。

Zelda_SWS_06.jpg

 はじめから好感度が高すぎて助けに行かないわけにはいかない「ゼルダ」、最後の最後まで相棒としての役割をしっかりと果たす「ファイ」、そして敵キャラクターでありながらその立場を知ると複雑な思いを抱くようになる「ギラヒム」……。最後まで見ると、どのキャラクターもリンクの冒険譚には欠かせない大事な存在だと知ることができる。

 思えば一番目のダンジョンの謎解きがあまりにもミスリードすぎて血圧が上がったことも、女神の試練でひたすらに逃げ続けたことも、むやみやたらに昆虫採集に精を出したことも、すべてはこの美しい終わりを見るためだったと思えるほど、良いエンディングだったのだ。

Zelda_SWS_07.jpg

 また、本作ではさまざまな“詩”を集めるのだが、これもまた忘れてはならない要素だ。道を切り開くため集めた詩を演奏すると聞いたことのあるフレーズが流れるなど、大空に浮くこのファンタジー世界を旅する雰囲気をしっかりと盛り上げてくれる。

Zelda_SWS_08.jpg

 ……と書いたのはいいのだが、本作における大空はいわゆるワールドマップ程度の扱いであり、あまり空の世界を題材にしたという印象はなかったか。とはいえ、この世界がシームレスに繋がった形なのがWii UおよびNintendo NXで登場予定の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』なのだろうとイメージできた。

『ゼルダの伝説』の謎解きとは一体なんだ

Zelda_SWS_09.jpg

 ところで、『ゼルダの伝説』シリーズの基礎である謎解きが楽しめたかというと、これは未だに疑問である。本作は親切なので謎で詰まることはほとんどなかったが、かといって解けて楽しかったというとそうでもない。

Zelda_SWS_11.jpg

 謎解きのシステム(新アイテムを入手した場合はそれを優先的に使うなど)に慣れてくると、謎の出題より先に問題を解決して例の効果音を聞いてしまったり、きちんと出題を先に見ても謎を解く快感がさっぱりだったり、謎とはいったいなんなのだろうと疑問は深まるばかりだ。

Zelda_SWS_10.jpg

 謎解きのことは相変わらずよくわからないが、『ゼルダの伝説』シリーズに対する偏見のようなものはいくらかマシになったように思える。少なくとも今回はキレて途中でやめるなんてことはなかったし、最後はきちんと冒険を終えた喜びを噛みしめることができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント