『ポケットモンスター サン・ムーン』に“20年目の挑戦”を感じる

20年目の『ポケモン』最新作が登場

Pokemon_SM_00_01.jpg

 2016年11月18日に発売されたニンテンドー3DSタイトル『ポケットモンスター サン・ムーン』を購入した。『ポケットモンスター』20周年記念タイトルとなる本作は、かなりの期待が集まっているだろう。

 かくいう僕も発売日から遊んではいたのだが、どうもきちんとした休みが取れず困っていた。具体的には、本作が面白くてついつい深夜までプレイしてしまい、しんどくて仕事とこのゲーム以外のことがなんにもできなかったのである。

Pokemon_SM_00_02.jpg

 さて、本作の舞台はハワイをモチーフにした「アローラ地方」である。太陽が眩しいこの地方では、これまで出現していたポケモンたちが異なった姿で登場する「リージョンフォーム」が存在したり、謎の存在である「ウルトラビースト」が出現したりと、いろいろな新要素が用意されているわけだ。

 主人公は4つの島を巡り、一人前のポケモントレーナーになるための冒険を繰り広げていく。……わけなのだが、20周年記念作品だからかいろいろと気合が入っているのも特徴である。

Pokemon_SM_00_04.jpg

 まず、本作はバトルの難易度がなかなか高めである。前作となる『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』は“ボタン連打でクリアできる”と揶揄されるほど低難易度だったが、今回はタイプ相性やパーティーの構成を考えないと負けるケースも多い。

 もちろん理不尽な高難易度ではないが、ひさびさに歯ごたえのあるゲームプレイになっていて何よりだ。多くの人が遊ぶゲームだけあって、ストーリー上のバトルが退屈なのは致し方ないと思っていただけに。

Pokemon_SM_00_05.jpg

 また、ストーリーのほうもなかなか楽しい。“ほしぐもちゃん”という名の不思議なポケモンを持つ「リーリエ」、謎の人工ポケモンを連れた「グラジオ」の存在など、キャラクターも物語を重視したデザインになっているようだ。話の筋も、テキトーに悪の組織を倒すだけではない。

 低難易度でわかりやすすぎる物語というのが多くの人に受け入れられるであろう作品、というのもわかるのだが、正直なところそれに退屈さを感じるのも事実である。今回はそういったものではなく喜ばしい限りだ。

Pokemon_SM_00_03.jpg

 ところで、僕が最初にパートナーとして選んだポケモンは「モクロー」なのだが、いきなり色違いが出てきて驚きを隠せなかった。ここまで特別感のある色違いも珍しいものよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

いきなり色違いとかすごすぎィ!
特別な巡り合わせを感じますね。まさに運命のパートナー。
色違いのジュナイパーかっこいいですよね!
XYはプレイしたんですがあんまり記憶にない…サンムーンは濃密ですよね。

サンムーンめっちゃ楽しいですよね!
やめどきがない!w冒険してる感いいですよね。

いきなり色違いのモクロー出るとかすごいですね!特別な巡り合わせ感半端ない!
まさに運命のパートナー。
色違いジュナイパーかっこいいのぅ。
非公開コメント