“ミスリード解き”がない『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の心地良さ

ひたすら楽しく『ゼルダの伝説』を遊べたという驚くべき事実

ZeldaBotW_go_01.jpg

 ニンテンドースイッチで遊んでいた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をクリアした。僕はだいたい『ゼルダの伝説』シリーズを遊ぶと途中で一度か二度は投げ出したくなるのだが、まさか最後まで心地良くプレイできるとは。

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はこれまでのシリーズ作品と異なり、オープンエアーというシステムが採用されている。チュートリアルさえ終われば好きなところへ行っても良いといういわゆるオープンワールド的な内容で、大きな目標はいくつか用意されていてもこなす順番などはプレイヤーに委ねられている。

ZeldaBotW_go_02.jpg

 『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のように近年のシリーズ作品はだいぶ親切になっているようだが、僕はこのシリーズに「謎解きで詰まり、解法を知ってもガックリする」という悪いイメージを持ってしまっている。というより、謎解きというよりは“ミスリード解き”のように思えるのが苦手なのだ。

 「この仕掛けをなんとかすれば良いはずなのでいろいろ悩んでいたら、実はまったく違うスイッチを押す必要があった」だとか「新たなアイテムを手に入れたが、具体的にどこで使うかということのほうがわからない」など、本シリーズに限らないが、謎よりそのシーン(あるいは制作者)の意図が読めないのが困るのである。特に嫌なのは、看板などにある抽象的なヒントがあまりにも曖昧すぎて、むしろ混乱させるだけのヤツだ(本作でも、星を数える祠だけは数分で解けてもイラついた)。

ZeldaBotW_go_03.jpg

 しかし、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はたくさん用意されたものから好きなものを選べばいいわけで、何もミスリードにならない。変な場所へ行ったら行ったでそこには何かがある。更に謎解きも解答パターンがひとつではないし、嫌だったり難しく感じるのならやらなければいいのだ。

 近年の『ゼルダの伝説』シリーズでは、「ゼルダのアタリマエを見直す」をコンセプトにこれまでの固定概念を崩すような取り組みが行われているようだ。この言葉はあくまでリップサービス的なものではないかと疑っていたわけだが、いや本当に常識が覆されていた。あるいはオープンワールドの文法に『ゼルダの伝説』を乗せたのかもしれないが、いずれにせよ他人の機嫌を伺うようなゲームプレイでなく本当に心地良いのだ。

ZeldaBotW_go_04.jpg

 換言すれば、従来の『ゼルダの伝説』シリーズが好きな人は肩透かしを食らうのかもしれない。ただ、僕が遊びたかった『ゼルダの伝説』は間違いなくこれだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント