『Detroit: Become Human』のアリスが嫌なヤツに見えてしまう理由を考える

強引にふたつの役割を持たされたキャラクター

kakuyomu_top.jpg

 PS4『Detroit: Become Human』を遊んだ。とりあえずこのゲームに対して語りたいことは、アリスという登場キャラクターがどうしても気に入らなかったということだ。このキャラクター、とにかく嫌味ばかりを言うのである。

 アリスというキャラクターには物語上の役割がふたつある。彼女はカーラ(主人公のひとり)が守るべき存在という設定になっており、父親に虐待されていたことを切欠に家を逃げ出して逃避行を行うようになるわけだ。つまり彼女の第一の役割は、物語の推進力ということになる。

Detroit_02.jpg

 それはまったく問題ないのだが、彼女を助けようとすればするほど嫌な思いをする。雨に濡れたのでコインランドリーの服を盗もうとした際に「盗みなんてするの?」と良心に訴えかけてくるのはまだいいが、廃車に泊まろうとすれば「ここで寝るのはイヤ」と文句を言い出し、廃屋で雨宿りをしようとすれば「カーラ、あたしここ好きじゃない」と好き嫌いで物を語り始める。

 物語が後半になり、仲間のアンドロイドが人間に襲われているシーンになるとアリスのワガママは苛烈になっていく。もはや仲間を助けるのが難しそうなので見捨てる選択を選ぶと、「どうして助けないの!? 死んじゃうよ!」などと言うのだ。こんなことを言われた日には相手が少女だとはいえ「お前を助けるためにやっとるんじゃい!」と言いながら育児放棄をしそうになる。

 プレイ中は「子供だから大人の取捨選択を理解できずストレートに言ってしまうのだろう」と思いこもうとしていたのだが、結果的にはそれでも受け入れることはできなかった。最近遊んだゲームの中では『デッドライジング4』のVickに匹敵するほどムカつく存在だと感じてしまったわけだが、よく考えてみるとアリスが悪いのではなくストーリーに問題があるとわかったのだ。

プレイヤーの選択に対して誰かがリアクションをせねばならない

kakuyomu_top.jpg

 『Detroit: Become Human』はとにかく選択肢がたくさんあるゲームで、その選択によって展開が変化するのが特徴となっている。こうなるとプレイヤーの選択に対してゲーム側がリアクションを用意する必要があるのだ(もし選択肢に対してゲーム側から反応がなければ、プレイヤーはどれを選んでも変わらないと思うことだろう)。

 別の主人公であるコナーには相棒としてハンクが割り当てられている。コナーがアンドロイドらしい冷徹な判断をすると人間であるハンクの好感度は下がるし、逆の選択をすれば友情すら芽生える。あるいはアンドロイドたちの指導者となるマーカスにはアンドロイドの仲間がたくさんおり、平和的に行動するか暴力的に行動するかで仲間の評判が変化するし、さらに人間社会の評価すら存在する。

 さて、ではカーラにとってプレイヤーの選択を評価する存在は誰となるだろうか? そう、それは序盤からずっといるアリス以外に他ならない。つまりアリスには、「プレイヤーに判断を迷わせ、そしてその決断に審判を下す存在」という第二の役割もあるのだ。

kakuyomu_top.jpg

 カーラが少女を廃車に寝かせようとしたら? 確かに子守をする大人としてはあまりにもひどい。手を汚してもベッドに寝かせてあげるべきでは、とゲーム側は反応を返す必要がある。危機的状況に仲間を見捨てたら、仕方ないとはいえ誰かが人でなしと怒るべきだろう(アンドロイドだが)。そして、プレイヤーが悪いことをしたらそれを咎める存在がいないと選択の重みがなくなってしまう。そう、この役割をすべてアリスが担うことになってしまったのだ。

 もちろんカーラにも別の仲間がいることはいるのだが、出てくるのが遅かったり選択肢によっては死んだりしてしまう。となると、ずっと一緒にいるアリスがその役割を全面的に引き受けざるを得ない。結果としてこの少女は、「プレイヤーが守ってあげるべき存在なのに、こちらの選択にいちいち小言を漏らす姑のようなガキ」というふうにも見えてしまうのだ。

 もっとこう「ひどい選択をしたあとアリスがその場ではこらえるものの、あとで思い出し号泣する」だとか、「今は仕方ないと理解を示すが、体は恐怖で震えている」みたいな見せ方だったらなあ……、と思うゲームであった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント