BIOHAZARD 5 02

 届いたー。とにかくやってみる。1-2までクリア。
 …と、ここまでで一度区切りをつけて書くつもりだったんだが、気づいたら4-2までやっていた。ちなみに難易度はしょっぱなからベテラン(現時点での最高難易度)。

 操作についての不安は少しあったが、面白いじゃないか。何が良いって、単なるTPSではなくてアクション要素が強いところだ。そこらへんにあるガソリンみたいなものを撃って爆発するのはもちろん、変電器を打ち落とせば敵が感電するし、はしごを蹴落としたりできる。敵側のトラップも豊富で、強い武器が落ちていて拾いにいったら敵に囲まれたりで、マップの濃さが高い。チェックポイントからチェックポイントの間にやるべきことがたくさんある。収集アイテムや銃弾を集めるのはもちろん、敵を警戒するのも必要だし、マップをめぐる順番なども考えたりで実によい。単純に、敵をバンバン撃つだけじゃあない。

 Coopも一回やった。このゲームは、相方が死ぬと強制的にゲームオーバーである。正直いって、そこで気分が悪くなりそうでかなり不安だったんだが、そんなことはなかった。それぞれで行く場所が分岐することもあったりするし、ダメージを食らい過ぎると回復させてもらう必要がある。しかし、分岐する前はかならずすぐ近くがチェックポイントになっているし、片方が敵のいるほうに突っ込み、もう片方が相手を援護する、という形になる。だから、ものすごく協力している感が強いし、片方が死んでも責任は分散されるのである。敵に追いかけられるときも、相手のことを考えて逃げねばならないし、死なない自信さえあれば、二手に分かれて敵を殲滅することができる。ボスも、それぞれ協力して、両方それぞれに重要な仕事をこなさせるようになっている。それらの点からCoopするゲームと考えると、出来はかなり良いのではと思える。

 とかまあ細かいことをいろいろいったが、何がもっとも面白いって、最高難易度だからかもしれないが何回も死ねることだ。そして、それを試行錯誤してクリアする。これがたまらない。Coopでも頭をひねって攻略を考える必要があるので実に良い。面白いなあ。

 ちと問題点も少し。
 Coopは相手が事前に全部攻略法を知っているとつまんないだろう。未プレイの人とやる場合、相手に指示を出してもらい、ただそれに従うべきと思われる。
 感度はもっと細かく設定できてもよかったかも。ショットガンを構えてるときと、スコープを覗いた状態での感度はまったく違うほうがいいので全部一律だとちょっときびしい。でも感度が一律だから、視界が狭くなっていて面白いのかもしれん(これについてはまた今度)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント