パッチはいいものか

http://www.xbox-news.com/e6981.htmlより引用
 『Gears of War 2』の公式フォーラムでユーザーからスモークグレネードの効果を修正してほしいという声が上がっており、それを受けて開発元Epic Gamesが修正を検討しています。
 スモークグレネードが近くで爆発するとキャラクターが転倒、スタン状態になってしばらく何もできなくなってしまい、その間は敵の攻撃に対して無防備になります。
 これがゲームバランスを悪化させていると感じているプレイヤーが多いようで、公式フォーラムでは修正を求める声が上がっています。


 これでーいーのかー。これーでーいいのーかー。

 何がいかんと思うかって、ユーザーがバランスが悪いといったらすぐ変えようと思う行為だ。これは十分なバランス調整を行っていない証拠ではないか。まず、多くのユーザーが悪いと言えてしまうということは、事実としてバランス調整が足りない証拠といえそうである。そうでないのなら、ユーザーがルールを理解できないだけかもしれない。スモークグレネードには十分な対策があって、それを理解できないバカが引っかかりまくってバランスが悪いとホザいているだけという可能性がある。しかし、そういうわけでもなさそうだ。なぜなら、ユーザーに言われただけでその部分を直そうとしてしまうのは、作った側としても自信がないからだ。逆に、バランス調整をしたという確固たる自信があるならば、言われてから直すなどということをした時点で、Epicのバランス調整をしている人間の感覚がブッ飛んでいるという証拠になってしまう。
 1でも、肝心なところはこれっぽっちも調整してねーだろ! というようなつくりだったが、その裏づけが取れてしまったような気分になった。しかも今はスモグレのスタン効果をなくしたテスト中らしい。これじゃあ、煽り文句でよくある「有料β」とかいうのと何が違うのだ。

 以前L4Dでパッチがうれしくないと書いたが、こちらもパッチで修正できる弊害をモロに有効活用しているように思える。思いもよらぬバグがあって修正するなんてことなら嬉しいことであるが、そもそものバランス修正なんて部分をパッチでやるだなんて、われわれはさも当然のように受け取っているが実はとんでもないことなんじゃないか。

 メーカーがパッチを配布してもらうには、初回無料その後有料とかいう話を聞いたことがあるが、でかいタイトルを出しているところに対しては緩いのか、もしくは金を持ってるからかバンバン使うように思える。むしろ、きっちり取り締まって回数を完全に制限したほうが、ユーザーとしては嬉しい。作るほうとしては、未完成で売って、パッチなりDLCで売れらないようごまかしたほうがおいしいのかもしれんので、キッチリやってほしいとは言い切れない部分がある。ただ、制限がないほうよりも、逆に制限があったほうが良く出来るということもありうるのではないだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント