Peggle 16

ss-20090706-193753.jpg 全消し 53/55
 解除したのは11-4と11-5。難関である11-2と11-3が残った。

 11-4で右画像の状態になったときはものすごい冷や汗をかいた。玉の数は足りているが、通常では狙えない障害物の下に2ピンも残してしまったのだ。しかも、この後打った玉は見事にミスをし、一発失う。残り2発で落ち着いてバケツショットを狙ったところ、運よく下の2つをクリア。残り1発で右赤ピンを狙ったときは嗚咽が出そうなくらい緊張した。ここは障害物での跳ね返りで狙うことになるので、今までの経験による勘が頼りになる。
 玉を打って赤ピンに近づき、スローモーションになった瞬間は、演出だけでなく僕の認識でもそうなっていたように思える。直後、赤ピンに玉がぶつかりンホォォ! と叫んでしまった。そして流れる歓喜の歌。Peggleはやっぱおもしれーな!

 11-5はバケツキックを使わないでやった。そうすると、残りのピンで跳ね方がランダムすぎになりがちなので、運に頼るほかない。なので、今回は運がよかった。成功するまでに5回くらい残り2ピンで失敗、という状況を体験したので、根気の勝利といったところか。

 さーて解除まであと一息。がんばろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント