箱○死亡確認 02

 今日の記事の前に一言。

 えーと、訪問者リストに、先日レビューを書いた『コロンでジャンプ』の製作者さん(CG・デザイン担当)と思わしき方のブログが載っていまして、おそらくこうなるとまァ、あのひどいレビューを見られているという決定的な証拠になったわけでして。つまり、その、どういうことかというと、これは、すなわち、出来る限り、簡潔に言って、きっと、僕の本心だけを書くとするならば、生きた心地がしないです。
 いくら「このゲームはクソゲーだ」と叫んだとしても、僕は製作者に対して罵倒をしたいわけじゃないので、もしレビューを見て製作者の方が憤慨されたとすればそれは僕の本意ではないのです。しかし、それでも怒るというのであれば僕に非があるわけですし、ただただ申し訳ないとしかいえないのです。
 じゃあレビューなんか書くなよというお声もあるでしょうが、まァそこは僕も譲れない場所なのです。とはいえ今後もインディーズゲームのレビューを書く予定なので、トラブルは極力避けたい。でも、レビューは書く。ということで、万が一僕のレビューに不満があったのならば、それはどんな形でもかまわないので、僕に送ってください。善処します。


 一言じゃねーじゃん。さて、本題に戻りまして、今日のXbox360死亡確認のコーナーです。カテゴリも作ったよ。

 えーと、先日死亡確認と書いた箱○ですが、その次のアップデート時には動いたとも書きました。そして本日、またもや死亡なさいました。
 症状は画面が映らない。そして、それはケーブルやモニタ、アダプタの問題ではなさそう。まれに画面が映るのだけれども、その際も画面が緑がかった色になっており、明らかにおかしい。フリーズはあまり多くなく、あっても画面のカクつき程度。尚、事前にネットで調べたところ、同じ症状の人はいるようで、この場合有償保証になるらしい。ゲンナリ。
 無償保障になるRROD(レッドリング)やE74エラーと違う場所は、ちゃんと起動はする点とフリーズの頻度が高くないという部分。RRODは画面の異常に加え、フリーズがかなり多く、レッドリングが一度点灯したら何度でも灯くらしい。フリーズがなくレッドリングも出ない状態のうちの360では、どう粘っても無償にはならなさそう。ということであきらめて修理に出すことに決定。

 修理に出す方法は電話とネットでの申し込みがあるそうで、後者のほうが値段的に安価らしい。なのでネットから申し込むことにした(申し込みページ)。
 まずは本体のシリアルと住所などを入力し本体登録を行う。本体登録を行ってから修理依頼を行うようになっているらしい。必要な情報を入れて送信、と思ったらエラーが出た。何か足りないのか? 見直してみると、警告文が書いてある。えーと、なになに、「受付時間外です」ッてファック!
 どうやら電話受付と同じらしく、ネットでの修理依頼も通常の時間で頼まなければならないらしい。へー、そうなんだ。ふーん。はあーん。そう。そうなのね。そうか。そうなんだって。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

市販ゲーと比べられたりとか

どもです絵描きのほうです
えっと、いや、その、マイナス評価はいろんな意味で慣れてます^0^おきになさらず
てか訪問者リストとか素で忘れてた

音割れに関してだけ、
アレって確か容量を小さくするために音質下げた、だったはずです。
ゲームの容量が値段に影響するから。
他の部分は、ツール触ったばかりで私ら自身がよーわかってないってのが本音。

さー言い訳じみたコメになったけど
いやもう1記事で取り扱ってもらっただけでニヤニヤしておりますよ実際。
ありでっした。

とりあかさん
これはわざわざありがとうございます。

音割れは容量対策だったのですか。確かに値段は大きな問題ですからねえ。触って一番最初に気づく問題点だと感じたので、なぜほったらかしなのだろうと思っていました。
こちらこそ、どうもわざわざコメントありがとうございました。何だか手間をとらせてすいません。
非公開コメント