スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インディーズゲーム 体験版雑感 「は」~「ほ」

 インディーズ雑感はなんとか更新にこぎつけたが、飲み会に行けなかった。イェイ!

「は」 16作品

・Barf and Beer 80ゲイツ
 ビール早飲みゲーム。飲むために連打したり、相手を殴ったりしてオロロロロロさせたりする。
 それこそ、飲みすぎて吐く寸前になってやったら楽しいゲーム。

・A Perfect Massage 200ゲイツ
 言うまでもなくマッサージ。
 こんなにマッサージソフトがたくさんあると、女児がいけないことに使わないか不安です。

・The Perfect Match 200ゲイツ
 いくつかのヒントを元に、条件に合致した女性を選ぶゲーム。
 男と女を出会わせるという卑猥極まりない作品。不潔よ!

・Halfbrick Echoes 200ゲイツ
 一画面上で、自機の○をあやつり敵の○を避けつつアイテムを集める。
 トロフィーシステムあり。テンポ・デザインなど悪くはないが、いかんせん肝心のゲーム自体がなんとも。

・Halfbrick Blast Off 240ゲイツ
 ロケットをぶっ放して宇宙飛行士を拾いつつゴールを目指す2Dアクション。ロケットは宇宙空間らしく独特の慣性をもって飛ぶ。
 悪くはないが、このじゃじゃ馬ロケットを乗りこなす気になるのは、よほどのカウボーイだけであろう。

・BIOLOGY BATTLE 240ゲイツ
 全方向シューティング。VSモードあり。
 音楽、多彩な必殺技、さまざまな敵、と出来はいい。このジャンルでは一番良さそうかな。

・Hive 80ゲイツ
 昆虫を操って敵軍のアリをぶっ潰す、リアルタイムシミュレーションの出来損ない。
 マルチプレイもあるが、それをやるなら外に出て足元に目を向けよう。本物の昆虫が興味深く動いているぞ。

・PuzzXXI 80ゲイツ
 パズル。特殊能力みたいのが使えて、お助けしてもらえるとか。
 3*3のパズルでヒントを出してもらったときは、侮辱されているかと思った。

・Puzzwords 200ゲイツ
 単語を作るオチ物パズル。
 そういえば『ことばのパズル もじぴったん』は英語で作ると問題を多く孕むことになったらしいですネ。

・Bullet Trap 80ゲイツ
 エイリアンだか宇宙船だかわけのわからない丸い物体をシューティンするゲーム。
 こちらは数箇所の固定砲台を移動して撃つのが特徴であるが、早くこのゲームをやめたいので、そんなことはどうでもいいということにしておく。

・Power Hour 80ゲイツ
 よくわかんねえわコレ。ライブラリから音楽を再生し、途中で音楽が止まる。するとアルコール摂取量だかなんだかが表示されるとかなんとかだけど…。
 唯一わかるのは、すばらしいソフトではないということか。

・Hangman's Revenge! 200ゲイツ
 吊られた男、もとい棒人間を殺すのが目的の横スクロールシューティング。
 絵のへたくそな小学生がノートに書いたようなゲームをやりたい方におすすめ。

「ひ」 7作品

・Being 80ゲイツ
 2D横スクロールアクション。
 やたらキャラが小さく見づらい、意味があるのか定かではない体力システム、背景と足場の違いがわからない等、インディーズらしさが出ている。作りはそれなりに丁寧ではあるんだけれども。

・BeatBlox 80ゲイツ
 一画面パズル。画面上に現れる爆弾の周りに同じ種類のパネルをもっていく。爆発した際、同じパネルは誘爆するので、それでたくさん爆発させればOK。
 音楽に合わせてやるみたいだが、音楽も最高にいまひとつだ。

・Hieronymus Bash 80ゲイツ
 天使と悪魔が玉をぶつけ合うゲーム。
 天使と悪魔の対決なんだから、臓物とか十字架とか投げ合えばいいのに。

・BitStream 400ゲイツ
 インディーズゲームに『dotstream』のパクりがもう一つあるとは信じられなんだ。
 前あったパクリよりはよく出来てる。いや、まともに考えればよく出来てるもクソもないんだけど。

・Beer Screensaver 80ゲイツ
 ビールっぽいスクリーンセイバー。オレンジ色に泡がぽこぽこ浮いているのが見える。
 雪さんの小水スクリーンセイバーです、とでも言えば買ったのに。

・The Periodic Table 200ゲイツ
 周期表が見られる。
 周期表を見られるのは非常に便利だが、周期表を見ようと思ってXbox360を起動させたら、勉強そっちのけでゲームをしてしまう人が多いというバグを製作者は発見しなかったらしい。

・Ping Time 200ゲイツ
 棒と玉でレトロなピンポンをやっている様子を延々眺めさせられた上、さらに時計表示で「どれだけ自分が無意味な時間をすごしているか」ということを感じさせるソフト。一種の拷問。
 こんなものを見る暇があったら、有意義なインディーズソフトでもやろう。有意義なインディーズソフトがあるのか? という質問にはお答えできません。

「ふ」 18作品

・Fireplace 80ゲイツ
 燃える暖炉の中を見るスクリーンセイバー。
 ムシ暑い昼間にぜひどうぞ。

・Fireworks HD 200ゲイツ
 ボタンを押して花火を打ち上げるだけのスクリーンセイバー的なもの。
 出来はふつうではあるものの、ゲーム性が一切なくとてもコメントに困る。

・Find Teddy 200ゲイツ
 いくつかのヒントに合致したテディベアを探すゲーム。
 自分の熊カスタム制度もあるみたいなので、カスタム少女ならぬカスタム熊を楽しみたい方に。

・Fitba 400ゲイツ
 サッカーゲーム。見下ろし式のコート全体があるしっかりとした作品。ネットワーク対戦あり。なぜか選手全員が首無し。
 インディーズゲームとしてはいい試み。出来はインディーズ。

・Philip Muwanga's Hexy Trench 200ゲイツ
 道を作って敵陣へ攻め込むRTS。
 なんとも特徴がない。

・Who Did I Date Last Night 80ゲイツ
 いくつか提示されたヒントに対応する女性を探すゲーム。
 アンロックしないと正解が見られない。性的表現があるらしいので、正解したらいいことがあるのかも。まるでエロペンだ。

・Foosball For Two 80ゲイツ
 フットボールゲーム。…だが、やっていることはただのショボいピンポン。
 『Fitba』と比べるとあまりに情けない。

・Plasma TV Break In 200ゲイツ
 幻想的な場面が切り替わるスクリーンセイバーソフト。
 今回はやたらコメントしにくいソフトが多い。

・Planet Crashmania 9,000,000 80ゲイツ
 太陽の回りをグルグルしている惑星から核を撃ち、ほかの衛星にぶつけるゲーム。ロケットを飛ばしてボーナスアイテムを取ったりする要素もある。
 核を月にぶつけて点数を稼ぐさまは、狂人が如し。

・Planet Delta 80ゲイツ
 落ち物パズル。操作がちょっと珍しいが、熟考できるだけで結局は普通の落ち物。
 画面内にある玉を全部消せばクリア。だが、僕はインディーズゲームからあらゆる玉を消したい。アクションもパズルもシューティングも、玉ばっかだ。

・Prismatic 400ゲイツ
 光を反射させて玉に当てればクリアなパズルゲーム。
 ストーリーつき、全100面とボリュームは豊富。

・bricks4ever 80ゲイツ
 『アルカノイド』。マルチあり。
 こんな目の痛くなるブロック崩しとか久々にみた。

・Fridgy 80ゲイツ
 文字を並び替えるだけの…デジタルメモ?
 買え買え言う前に、魅力を見せるのが道理じゃないのか。

・Fruit Attack 200ゲイツ
 果物の落ち物パズル。3つ同じのをつなげれば消える。
 なぜ果物? なぜ…? どうして?

・Blow 400ゲイツ
 扇風機を設置し、泡をゴールまで導くパズルゲーム。
 デザインよし、音楽よし、チュートリアルが丁寧、奥深さもあり、と非常によく出来ている。パズル好きはぜひともやるべし。
 問題があるとしたらゲームスピードくらいか。こりゃ面白い。

・Plows in Hell 200ゲイツ
 雪上で迫り来る敵を迎撃し続けるゲーム。自動機銃やらを駆使し、雪を溶けないようにするのも目的。
 やはり単調。敵が迫り続けるだけってのは、洋ゲーらしいというかなんというか。

・Project Alpha 200ゲイツ
 全方向シューティングで敵を倒すだけでなく、RPG要素もある。装備のグレードアップや惑星の侵略(救出?)というものも。
 シューティングがいまひとつ。RPG要素も大丈夫なのか不安。

・Block Fight 240ゲイツ
 また棒で玉を跳ね返すだけのゲームじゃねーか! 今度は棒の後ろにブロックがあり、玉が当たるとそこが壊れる。3段あるすべてを破壊され、ボールが画面外に出たら負け。マルチプレイあり。
 付加されたルールが、壁だけというものっすごいちっぽけすぎてびっくり。

「へ」 12作品

・Hexothermic 240ゲイツ
 パズル。赤に近いほど爆発しやすくなるボールを、限られた手数の中で色を変える。玉は爆発すると六方向に分裂し、それぞれの玉を一段階爆発へ近づける。手数内ですべて爆発させたらクリア。
 なかなか面白いルール。アワードシステムもある。

・Petank Party 400ゲイツ
 最初へ投げた玉に、その後投げてどれだけ近づけられるか対戦するゲーム。玉に特殊能力がつけたりできる。オン対戦あり。
 すべて3Dで作ってあり意欲はあるんだろうが、ゲームテンポやバランスは良くない。ただのカジュアルミニゲーム。

・Veks and Silence 400ゲイツ
 横スクロールシューティング。ストーリーつき、全13ステージ。
 出来はそこそこか。製品版のステージが単調でなければ良さそう。ゴア表現ありでやたら画面が揺れる。

・Head Banger 80ゲイツ
 ダサい音ゲー。音楽に合わせてコケシみたいなのが頭を振る。
 途中でエラーが出て止まったが、またやり直そうと思わないくらいの面白さ。

・Headshot 80ゲイツ
 スコープを覗いて、たくさんいる人の中から一人だけの犯罪者を見つけ撃ち殺すゲーム。見つけるといっても、待っていれば勝手に騒ぎを起こすので、騒ぎが起こったら時間制限内に殺すだけ。
 スコープにはブレがないので、ただの反射神経を試すゲーム。そして撃つ相手は棒人間。インディーズばかりやっていると、どの棒人間も撃ち殺したくなるくらいストレスがたまる。

・Bennu 400ゲイツ
 ワイヤーアクション。玉に応じた色のブロックに触ると消せるので、玉の色を変えつつすべてのブロックを消せばクリア。
 作りは丁寧だが、肝心のワイヤーアクションの操作性が最悪。もう少しなんとかならなかったのか。

・Heavy Payload 400ゲイツ
 縦スクロールシューティング。
 ただの飛行機なのに、全方向へ射撃できるという超性能を持った自機をあやつる。そして、その射撃音の情けなさに苦笑。

・PebbleDash 240ゲイツ
 アクションパズル。次面を掘り、敵と岩を避けつつダイヤをすべて集めゴールを目指す。
 操作性いまひとつ、グラフィックいまひとつ、ルールはどこかで見たような、とインディーズゲームの鑑。

・Penga's Peril 80ゲイツ
 2Dアクションパズル。敵やら仕掛けをこなしゴールを目指す。
 テンポもグラフィックもそこそこいいので、アリかと思われる。

・Penguin Slip-Slide 200ゲイツ
 2Dアクションパズル。氷の上を滑るので、壁にぶつかるまで一方向に進み続ける。それをうまく駆使し、ゴールを目指す。
 ペンギンがちょうきもいことを除けば、150ステージあるのでそこそこ遊べるかと思われる。

・Pendoku 400ゲイツ
 数独!!!! また懲りずに数独!!!! そしてまたパズル型数独!
 なんでこんなに数独多いの。もう数独アレルギー寸前っすよ。

・PENTOMINON 240ゲイツ
 変な形のテトリミノが多い『テトリス』。シーケンサっぽい要素もついている。
 普通のテトリスとの違いは空中に単一のブロックを浮かせれば高得点らしいが、それが劇的なゲーム性を生んでいるかどうかは怪しい。

「ほ」 11作品

・Bored Meeting 80ゲイツ
 袋から出る金を矢印で導き、自分の陣地まで誘導すればよい2Dアクション?
 ほぼオフ4人対戦専用。そして、4人が集まったなら、多くのグループはほかのゲームで4人対戦をするだろう。

・Poker Squares 240ゲイツ
 5*5のマスに、ランダムで出てくるトランプを並べる。ポーカーの役に並べられれば、それに対応した点数が入手できる。
 これもオンがないオフ4人までなので、4人が集まったなら、ほかのゲームで4人対戦をするだろう。

・ホースレーススターター Horse Race Stater 80ゲイツ
 Aボタンを押すと、競馬が始まる。それだけ。ゲーム性皆無。
 好きな馬を自分で選んで応援するとか、それに(リアルで)賭けるとかそういうゲームなんだろうが、あんまりにも何も無さ過ぎる。これを利用して遊ばせるにしても、もっとゲームのほうに膨らみがなければならない。
 せめてドットで描かれた狭い世界が、魅力的な世界だったのならまた話は変わったろうに。

・Bowling X 240ゲイツ
 変哲のないボーリング。マルチプレイあり。
 『WiiSports』には面白みというものがしっかり練りこまれていたんだなァ。

・Horn Swaggle Islands 400ゲイツ
 2Dタワーディフェンス。チュートリアルあり。
 以前あった、よさげなタワーディフェンスに比べると見劣りする。タイトルのチャルメラみたいなBGMはなんだ。

・Pwned 200ゲイツ
 見づらいチェス。CPUがいないようなので、相手必須。なら実際にチェスやりゃいいじゃねえか。

・Button Memory 200ゲイツ
 ボタン覚えゲーム。CPUの押したボタンを覚えてそのまま押すという説明をしたくないくらい陳腐。その上インディーズにこのゲームが多すぎる。

・Pop Quiz 200ゲイツ
 マジでただのクイズ。信じられるか、本当にただのクイズなんだ。マルチプレイあり。
 メニュー選択をすると長ったらしく喋りが入るのがまた参る。
 本当になんでただのクイズなんだ。

・Bop N' Pop! 200ゲイツ
 落ち物パズルのはずなんだが…そういうわけでもないルールがある。落ちてくる○が1個ずつな上、消すには特殊なアイテムが必要になる。なので、積むだけ積んで特殊アイテムが出るのを待つ感じになる。つまり、パズル的な要素はほとんどない。
 これをパズルといっていいのか?

・Bomb Disposal Expert 80ゲイツ
 爆弾処理のボタン覚えゲーム。
 マルチプレイがあるが、何をするんだ? ボタン覚えゲームの単純さにイラついて、脳みそを爆発でもさせるのか?

・Bomber Boing 240ゲイツ
 オフのみの2Dアクション。爆弾を投げつけて地面を壊し、相手を下に落とせば勝ち。
 もうローカルのみのどうしようもないゲームって、マジでどうして欲しいんだ。このゲームだけじゃないが、中途半端なゲームはわざわざ友達を呼んでやるようなもんじゃない。

○ 体験版をやってみてもいいかも的作品
・BIOLOGY BATTLE 全方向シューティング。なかなか良い。
・Fitba サッカーゲーム。ゲーム自体は凡作だが、インディーズとしてはなかなかの出来。
・Prismatic 全部で百面ある、光を反射させるパズル。
・Blow 扇風機で泡をゴールまで運ぶパズル。かなりの出来。 ←オススメ!
・Hexothernmic 連爆パズル。
・Veks and Silence 横スクロールアクション。製品版で単調になりそうなことを除けば、よさそう。
・Penga's Peril ペンギンのアクションパズル。
・Penguin Slip-Slide まーたペンギンのアクションパズル。氷の上を滑っていく。


 今回は数が多いだけあって、よさそうな作品も多い。そしてパズルが多い。多すぎる。やはりインディーズでよい作品となると、開発力のいらないパズルになりがちなのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。