インディーズゲーム 8/22~8/31の新作

『インディーズゲーム 体験版雑感レビュー まとめ』
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-552.html

8/22
・Zombies 2.0 240ゲイツ
 見下ろし視点のアクション全方向シューティング。アワードあり。
 暗闇の中なので、懐中電灯で照らしつつ敵を探さねばならない。そこはなかなかいいアイデア。ただ、来た相手を殺すだけでなく条件を満たさないとステージクリアにはならない様子。移動が遅いのも気になる。

・Dodge These Balls 80ゲイツ
 自分の玉を操作し、他の動く玉に当たらないようにする。
 もう玉が自分だったり敵だったりするインディーズはいやっす。

8/23
・Matrix 400ゲイツ
 ラインで壁に接するラインを両辺とする四角形を作り消す落ち物パズル。
 ルールがいかんせん難解で面倒臭い。ゲーマーでない人も手を出しやすいパズルでこれは致命的。しかも、特別な面白さが詰まっているようにも思えない。デザインもいまひとつ。

・Penguin Slip-Slide Lite 80ゲイツ
 以前紹介した、すべるペンギンパズルのライト版。体験版での大きな変化はなし。

・NinjaTrain 80ゲイツ
 22日に配信されていたが、抜けていた。
 電車の窓から眺める形でニンジャを操作する2D横スクロールアクション。ドットで描かれている。
 電車の窓から外を眺めていて、景色で横スクロールアクションを想像でプレイしてみるのは、ゲーマーならやったことのある人が多いだろう。それをゲーム化するという着眼点はなかなかいい。
 だが、ゲームの中身がない。結局はコインを集めるただのスコアアタックで、操作を一切しなくてもゲームクリアになる(しかも全部で3面)。操作性も、電車から眺める画面も見づらくていまひとつ。せめて、スコアアタックだけでゲームをやらせるなら、操作性と画面の見易さは絶対に解消するべきであった。ついでに、スコアアタックとしての懐も深いようには思えない。
 ところでコレ、コインを取るSEは著作権的に大丈夫なのだろうか? どこかで聞いたことがあるような。

8/24
 *『継長忍鋼伝~春夏秋冬~』が削除されている様子! ショックだ…。

・Shellblast HD 400ゲイツ
 パズルなんだがルールがよくわからん。そもそもルール説明がない。
 基本は一定マス内にある爆弾を探すだけ。指定した縦と横列にある爆弾の数だけわかるので、そこから消去法で探すみたいではある。アワードあり。
 ストーリーを語る暇があったらルールを語ってくれ。

・デッドラGO! 400ゲイツ
 日本製のタワーディフェンス。ゲーム開発を設定として取り入れており、敵や自キャラがそんな感じになっている。
 グラフィック、音楽ともに「全力亭」という企業が作っているだけあって力が入っている。操作も挙動なども悪くなく、人が多く技術があるとちゃんとした作りになるのだなあと実感する。その一方、企業がここまで質の高いものを作ったのに、ただのタワーディフェンスを出してきたことにはガッカリする。それも、他の個人製作タワーディフェンスもあるインディーズゲームでだから、尚のこと。

・Puzzle? 80ゲイツ
 単語を作ったりするパズルが4種類ほど遊べる。
 ロードが長いので、その間に辞書を読もう。このゲームよりかは有用かと思われる。

・Pastel Square 400ゲイツ
 昨日の『MATRIX』と同じ製作者の方が作った落ち物パズル。こちらもなぜか操作はスティックが使えず。
 『MATRIX』よか難解さは減ったが、こちらも面白みがあまり…。基本的なルールは同じで、同じ色の線で枠を作るんだが、ちょっと難しい。低レベルのうちは線の色の種類をもっと減らすべきだった。キーレスポンスも悪い。

・Bed Time Nursery Rhymes 80ゲイツ
 子供向けのお話が見られ、読み上げてくれるソフト。これで寝かしつけろということだろうか。
 話の種類は豊富でよいだろう。ただ、箱○の騒音とテレビのまぶしさの中、眠れる子供はいるのだろうか?

・フェナックむら ものがたり 240ゲイツ
 一度公開したあとすぐ停止状態になったが、本日より公開が再開された。
 レビュー。

・Nasty 400ゲイツ
 2D一画面アクションシューティング。
 銃を撃って、画面内にいるすべての敵を倒せばクリアなんだが、ぜんぜん爽快感がない。一画面のくせに弾が3発までという制限があるので、これが爽快感のなさに拍車をかけている(画面端まで弾が届くのが遅いため、ボタンを押しても撃てないことが多い)。もちろん、発射数を増やすパワーアップアイテムがあるからこういう制限なんだろうが、システムのためにストレスを与えていいのだろうか。
 また、敵の動きもちょっと癪に障る。銃は8方向に打ち分けられるが、操作性がいまひとつのため動きが激しい敵は非常に当てにくい。ステージ構成もいまひとつ。

8/25
・Streets of Fury 240ゲイツ ←オススメ!
 実写ベルトスクロールアクション。バカゲーかと思いきや操作や攻撃はかなりまとも。むしろ、まともすぎてバカゲーっぽく笑えない。
 雑魚をバシバシなぎ倒す操作も心地よいし、ちゃんとボスも出てくる。ただ、ボーナスステージは半ば嫌がらせだったり、雑魚戦は単調気味だったり、洋ゲーっぽさはあるだろう。
 それでも面白いことは間違いないのでおすすめ。

・Octago 240ゲイツ ←オススメ!
 日本製作。八角形内での全方向シューティング。4色のショットを敵の色に対応して打ち分ける。
 溜め撃ちすると、壁を反射し敵を貫通する。一度にたくさんの敵を倒すと得点がアップ。敵の種類も結構豊富、ボスも出てきてそれも工夫されている、となかなかの出来。全50ステージが用意されており、2人でのマルチプレイもあり。
 全方向シューティングでは最も出来が良いだろう。

・LOLCats 80ゲイツ
 うざい加工もされている猫の画像が見られる。
 これたぶん消えるなー。明らかにネットで拾った写真が入っているので、著作権の問題が起こるはず。何より外人製作なのに日本の写真がだいぶある。許可を取ったとは考えにくい。これが消えたらまさにLOL。

・Storage Inc 400ゲイツ ←一部条件下でオススメ!
 フォークリフトを操作して倉庫内の荷物を特定の箇所に運ぶパズル。オン4人coopあり。
 少し特徴的な操作があるが、それでフォークリフトを操作するのは面白い。ただ、パズルのほうはなんともいえない。どちらかといえば、4人で協力してああだこうだ言いつつ、倉庫内で事故を起こしまくるのが楽しいだろう。協力相手がいるならおすすめ。
 ただ、実際のフォークリフトはまるで、殺人フォークのついた目隠しカーなのでお気をつけを。

・ダウンタウン激凸ドッジボール! 800ゲイツ
 過去には人気があったシリーズの新作(?)。元テクノスジャパンのスタッフたちが製作したソフト。2Dドッジボール格闘という変なジャンルで、ドッジボールで相手を倒すのが目的。
 ドットは丁寧だし、キャラごとに台詞がたくさん用意されているし、懐かしさもある。だが、スーファミのそれとほとんど同じだ。いまひとつな操作性、結構な単調さ。何より、友達がいないと面白くないというのも、ほぼ変わっていないだろう。昔遊んだスーファミのソフトを引っ張り出してやったら、思いのほか面白くなかった、というのがこのゲームを表すのに最適。
 800MSPもとるなら、せめてWiiWareで出せばよかったのに。オフだけでも、Wiiなら友達と遊ばれただろう。

 しかしこれ、ダウンタウンシリーズと名乗っているが、元はくにお君シリーズではなかったのだろうか。版権的に複雑な事情があるらしいとは聞いたが、そこでもめたのかなあ。インディーズで出たのもわけがあるのかも。

8/26 またなんか一個消えてる。
・Track Architent 80ゲイツ
 物理演算で走るサイドビューカーゲーム。
 この手のジャンルは『Trial HD』のあとに出てもどうしようとないと思うんだが、作るほうには人気なのか。そもそもこのジャンル自体にあんま将来性がないように感じる。

・SMASHELL 400ゲイツ
 限られたマップ内で玉をジャンプさせて敵を踏み殺し、そこで出てくるコインを集めるゲーム。仕掛けやパワーアップもあり。
 どうやらマジで、コインを集め続けてスコアを稼ぎ続けるだけのゲームらしい。3Dの出来はそこそこいいのに、本当にゲーム性に乏しい。その上操作性がひどいときたら、玉を画面外に投げ出したくもなる。

・Rock Paper Scissors Xtreme! 200ゲイツ
 何がエクストリームだよ。じゃんけんはどこまでいってもじゃんけんだ。せめて、エクストリームジャンケニングとか言って崖に片手で掴まってる状態で、(もちろん使う手は掴まっている手で)じゃんけんしてくれ。
 マルチプレイができるらしいが、じゃんけんをネットワークですることの有意義さときたら。貧しい国の人に自慢してやりたいよ。

・Jackpot Stadium 200ゲイツ
 3Dテーブルホッケー的な感じに玉を相手の陣地へぶつけ合うゲーム。
 グラフィックやSEにそこそこ気を使っているが、所詮オフ専用なのがなあ。でもオン対戦ができたところで白熱するかというと……。

・Hotel Danger 80ゲイツ
 21枚ある窓から2つを選び、出来るだけ殺し屋を出さずに一般人同士のペアを作っていくゲーム。つまり、殺し屋の動きを読み引かないようにする。
 トランプでこういうルールのゲームあるよねえ、たぶん。

・Cold War Commander 80ゲイツ
 冷戦をモチーフにした横スクロールアクション。ゼリービーンズを集め、敵をジャンプで避けて、ゴールへ向かう。
 …うん、やはりイラストの魅力ってのは大事だよなあ。このゲームも背景できのこ雲が上がっていたり(ただの木だった)、ミサイルが降ってきたりで独特ではあるんだが、『コロンでジャンプ』が恋しくなった。

・BallsAndBlocks 80ゲイツ
 球体で小さい球体を足場から落とすゲーム。
 操作性がひどいし、ゲーム自体も面白みがさっぱりないし、また球体だよ! 『Marble Blast Ultra』でも素直にやりましょう。

・Arrow Run 80ゲイツ
 画面内に設置された矢印を、スタートから順に矢印の方向へ入力し進んでいくゲーム。画面端まで到達すればクリア。
 つまんないわけじゃないが、かといって喜んで楽しめるわけでもなく…。まるで落雁のようなゲーム。

8/29
・15 Puzzle 240ゲイツ
 パネル移動型パズル。絵が十数ほどあり、それがパズルになる。
 実にふつうのパズルなんだけど、性的表現があるらしいんで好みの人に。僕? ドリクラで忙しいんですよ!

8/30
・The Exterminator 80ゲイツ
 横スクロールしてくるハエをぶったたくだけのゲーム。金魚らしき物体も混じっているので、そっちは叩いちゃだめよ、ということらしい。
 『マリオペイント』のハエたたきに負けている。十数年前の作品に「勝負だ」と、正面からぶつかって、そのままショック死してしまいそうなゲームだ。

・Hot Potato Online 400ゲイツ
 一画面上で爆弾を投げ合う対戦ゲーム。当然オンがあるし、ルールは4種類。
 オン対戦が実装されても、どうしようもないことに変わりがないんだなあと思わされる。

8/31
・Ninja Guardian 240ゲイツ
 2D縦スクロールアクション。足場をジャンプしまくり頂上を目指すNINJAゲー。
 なんかやたら難易度が高い。ルールは単純なはずだが、ジャンプできなかった理由がわかりにくい。

・Colotristar 240ゲイツ
 パズル。隣あった形のもの入れ替えで移動させ、同じものを縦か横3つにそろえると消える。消えた部分は入れ替えができなくなるので、うまく全部消せるようにする。早い話がちょっとルールを変えたSameGame。
 ゲーム中に流れる曲が少し怖い。うぃ~すた~。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント