スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

dark レビュー

webboxdark.jpg 『dark』はインディーズゲームで配信されているサイドビューのジャンプアクションアドベンチャー。ただ、ジャンル的にはそうではあるのだが、実質はゲームでなく鑑賞ソフトであると言っていいだろう。

 薄暗いステージを手探りで先へ進み、物理演算を利用したギミックを利用し先へ進む。だがそれ自体にあまり面白みはない。特徴なのはグラフィックやBGMなどのデザインや雰囲気である。
 光と影のコントラストを利用して作られたグラフィックに、ピアノソロで弾かれている落ち着いたBGM、ステージの不思議な構成が混ざり、面白い雰囲気に出来上がっている。味わいのある雰囲気を鑑賞するのが目的という作品といっていいだろう。なので、ゲームではないと言ったほうがより正確だ。


 雰囲気は良いんだが、ちょっと気にかかる点も多い。

 前述のように、これはゲームではない。体験版の場面が少しだけアドベンチャーらしいが、他の部分はそれこそ一定方向に進んでいくだけで終わってしまう。ゲームとするならば、もう少し難解な謎解きがあってもよかったのではないだろうか。
 簡単なこともあって、プレイ時間は5分か10分で終わる。せっかくなのだからもう少し、濃厚な世界を楽しませてほしかった。


 ゲームではないが、インディーズゲームという場面においては珍しく、意欲的で面白い作品ではあるだろう。こういう作品が多く登場してくれると嬉しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。