OPERATION FLASHPOINT : DRAGON RISING 04

opfr_drrmaster.jpg 難易度ハードをCoopでクリアし、ドラゴンライジングマスターを解除。これで実績が1000となり、OF:DRの実績をコンプリートした。


Coop自体は面白かった。特にハードではリアル寄りならではの、好きなマップ攻略を楽しめる。しかし、それを楽しむにしても、いろいろ足枷が大きすぎるように感じられた。

 特にミッション10の、「ハン将軍を追跡する」という場面では非常に参った。これは追跡だけなので、慣れてくれば戦闘もせずにちょっと走るだけで終わる簡単なミッションのはずなのである。
 しかし、バグが発生し、夜間ミッションなのになぜか昼間になってしまったり、目標の通信所を全部破壊してもクリア条件が達成されなかったりした。挙句の果てに、通信所に行ってみたら、なぜか建物が体をすり抜けてしまうという訳のわからない事態にもなる。

 やはりバグは多く、目立つ。味方AIに味方AIを治療するよう頼んでも回復してくれないバグなんかも辛い。どうやら味方AIは止血をしてから衛生兵による回復をする、という場合があるようで、プレイヤーが止血をしてあげなければAIの衛生兵が回復しないということがある。止血なんかしなくてもすぐに回復してくれればありがたいのだが。しかも、その場合は出血死をしないようだ。味方AIも相当タフである。


 あとは、Coopしやすくなるとありがたい。ホストが必ず部隊長にならなくても良いようにしたり、ミッションの幅をもう少し広げたり、リアル寄りなゲームでも親切にできることは残っているだろう。あ、オンライン対戦で階級を上げたらゲーム全体に恩恵があってもいいのかもしれない。
 とにかく、調整不足がものすごくキツく感じられるゲームであった。確実に面白い部分はあるというのは幸いであるが、逆にいえば普遍的に楽しまれる可能性を消してしまったわけでもある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント