インディーズゲームで最も多いジャンル

jannru.png Xbox360のインディーズゲームでは、シューティングとパズルばかり配信されているような気がする。猫も杓子も、神も悪魔も……。

 体感ではやたら多く思えるが、実際はどうなのか。ということで、Xbox360の分類から、どのジャンルのゲームが多いのか見てみることにした。もちろん、調べたのは本日(2/4)なので、あとになれば変わってくる。それ以降に読んでいる人は覚えておいてほしい。


・ジャンル分けについて
 Xbox360のオンライン配信タイトルは、全部で右画像のような15種類のジャンルに分類している。これはインディーズゲームだけでなく、商業ソフトもXboxLiveArcadeもそうなっている。

 どうやら海外のジャンル分けが基本のようで、日本人にはあまり馴染みのないジャンルや区分けがある。「エデュテイメント」はいわゆる知育ゲーム的なもの。「シューティング」には横スクロールシューティングもFPSも含まれている。「アクション & アドベンチャー」は、アクションゲームだけでなくテキストノベルなんかも範疇に入っている。「キャラクターアクション」は、キャラが前面に押し出されているアクションゲームがそれに該当するようだ。

 また、ジャンルは自己申請らしく、アクションRPGでも「RPG」のジャンルに入っていたり、明らかにゲームでないものが「その他」のジャンルに入っていないこともある。


 詳細な区分けはともかく、これで大体わかるだろう。では、インディーズゲームは何のタイトルが多いのか見ていこう。


・1位 113タイトル 「パズル & 雑学クイズ」
 一番多かったのは「パズル & 雑学クイズ」。
 パズルゲームは体感でも非常に多い。作るのも簡単なのだろうか。パズルは古典的な作品を移植したものも多いし、既存のものに少しルールを付け加えただけの作品も多い。クイズゲームもそこそこ存在しているので、それを考えると1位に立つのは当然か。

・2位 105タイトル 「シューティング」
 続いては「シューティング」。1位と数もあまり変わらず。やっぱり多い。
 FPS・TPSも混じるとはいえ、それらはあまり数が多くないことや、他ジャンルを考えてみると異常に多い。全方向シューティングが死ぬほどあるだけでなく、横スクロールシューティングもかなりの数がある。縦スクロールも、それには負けるが数は存在している。とにかく、不思議に思うくらい数が多い。何が、インディーズゲームにあふれるほどのシューティングゲームを注ぎこむことになったのか。

・3位 98タイトル 「アクション & アドベンチャー」
 そして、「アクション & アドベンチャー」。
 こちらにはアドベンチャーゲームやブロック崩しなども入っているためか、多くなっている。アクションゲームだけを考えると「キャラクターアクション」もあるので、全体で見ればそれなりの数か。ただ、シューティングやパズルには負けるだろう。


 以下はあまり変わらない感じだったり、ジャンルとしてごった煮だったので順番と数だけ載せて省略。

・89作品 その他 
・37作品 戦略 & シミュレーション
・37作品 懐かしのゲーム
・36作品 キャラクターアクション
・31作品 レース& フライト
・27作品 スポーツ & レクリエーション
・25作品 ファミリー
・22作品 テーブルゲーム
・21作品 音楽
・13作品 RPG
・12作品 エデュテイメント
・11作品 格闘

engura_aa.png
 簡単な円グラフも作成した。利用させていただいたサイトはこちら

 とにかく多いのはパズルとシューティング。アクションを除けば、他ジャンルの数倍も存在している。そして、その2つで全体の約1/3である。ちょっと多くないか。

 インディーズゲームにはパズルとシューティングの風……というか津波のようなものが来ているので、埋もれさせたくないのなら、他の作品を配信したほうがよさそうである。逆に、それらが好きな人はどうぞ寄っていてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント