ポリネシアン・ゲームプレイ

 ビデオゲームを遊ぶ際に、みなさんはどうされているだろうか。忙しい合間に、寝る前に、あるいは暇なときに……それぞれのタイミングというものがあるだろうが、今回は、より良くゲームを遊ぶための方法を紹介する。


 このビデオゲームの遊び方は「ポリネシアン・ゲームプレイ」と呼ばれている。ポリネシア地方で伝承されてきた遊び方そうだ。様々な流儀や方法が在るものと考えられる。以下はその一例。

・ゲームの発売前には、公式Webサイトやトレーラー、ゲーム雑誌を見て気分を高める。
・プレイ前に説明書を読むのに最低20分かけ、またゲームを起動後しばらくはコントローラーに触れずデモやタイトルを眺める。
・ゲームはできる限り1つの物を遊び、意識を散らさずより気分を高める。
・ゲームを遊ぶ前にはたっぷりと食事をとらない。
・ゆっくりできる日の午前中がおすすめの時間帯
・固定電話機の受話器を外す、携帯電話機の電源を切るなど、行為に集中できる環境をつくる
・最適体位は、姿勢正しく座ること。テレビと距離をとり、腕はテーブルか何かに乗せ、上体を起こす。温度や湿度にも気を配り、飲み物も用意しておく必要があるが、過度の水分摂取は禁物。

 ゲームクリアよりもゲーム世界との精神的な交わりを重視した遊び方で、通常のゲームプレイはクリアの快感が長く持続しないが、この方法では長時間の達成感が覚えられるという。他にはヘッドフォンをして遊んだり、家に家族や同居人がいない状態で遊ぶのも効果的である。
 ……とまァここまでは半ば冗談で、書いた文章もWikipediaの、「ポリネシアン・セックス」という項目からの引用改変である。

 しかし、「ゲームを遊ぶ際に環境を気にするといいんじゃあないか」というのは嘘ではなく、本気で言っている。寝る前にゲームをやるとよく覚えてないまま倒れるように寝てしまったり、いつ電話がかかってくるかわからない状況でゲームをすると、あまり集中できなくなってしまうわけだ。

 せっかく時間を割いてゲームというものを遊ぶわけだから、より集中してみると面白く遊べて得をすることがある。飯を食うにも適当に胃へかきこむより、好きなものをうまく選びお腹を空かせたほうがよりおいしくなるだろう。それと同じようなもので、ゲームもただ惰性や暇つぶしに遊ぶのでなく、うまく遊ぶ環境作りをすれば、より楽しめるのではないだろうか。

 時間を埋めるものと考えられがちであろうが、しっかりと見つめてみればより輝いて見える。また、飽きにも結構な効果がある。一振り調味をするだけでより楽しめるのだから、挑戦してみる価値はあると思ってもらえるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント