マイクロソフトポイントを使い切ると

 本日は雑記でございます。

mspppp.png 何ヶ月か前にマイクロソフトポイント(以下MSP)を使い切った。すると、どうにもチャージするのが億劫になる。理由は2つほどある。

1.使い切れるとそこでやめたくなる。
 そもそも、電子マネーというものは端数が出やすいシステムである。端数があると、使い切ろうとするために更にチャージし、結果的に利用金額が増えるわけだ。そんなわけで、それに反抗しようという意識がどーしても湧いてくる。
 欲しいものをその金額だけ払って買うというのが当たり前なわけだが、電子マネーでは下手をすれば損をしてしまう。なので、出来る限り損を避けるということが起こる。つまり、使い切った状態では、新たな端数を生むチャージが億劫になるというわけだ。

2.買いものが減る。
 MSPが残っていると、なんだかんだでチマチマとものを買ってしまう。やるゲームがない時だとかは、なんとなくという理屈で買ってしまうわけだ。これも売る側としてはいいんだろうが、買う側としてはあんまり喜ばしくない行為である。
 本当に欲しいと思ったものでなければ、手に入れても楽しめないことがある。特にゲームは娯楽として手にすることが殆どなのだから、問題は大きい。別に楽しくもねえものをなんとなく買うのは賢明でない。

 最近インディーズゲームを買っていないのもこれのせいで、MSPが残っていたら買うゲームはあっても、チャージしてまで買いたい作品というのは中々ないのである。どうしても欲しいとなるものがあったらチャージをするが、大して欲しくもない物のためには、チャージをする気にはならないだろう。


 しかし、バイオ5のDLCが来月に控えている手前、MSPを買わないわけにはいかないわけだ。それでも前述の理由があってメンドクサイ。手軽で簡単な決済のはずなのに、かえって億劫になるとはへんな話である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント