Left 4 Dead 2 09

 DLCはどうやら現地時間の22日に来るようである。マジか、Valveなのに。
 日本の箱○では23日の18時ということだろうか。向こうで0時に配信されれば日本時間22日の18時に間に合いそうではあるが、とりあえず遅いほうで期待しておこう。

 そして、DLCの内容もいろいろと発表された。毎週変わる特殊ルールのゲームモードがあるというのが一番大きい内容だろうか。リアリズムバーサスなんてものもあるらしい。このモードは箱○だとしんどそう。日本人は初回特典のバッドを持っているプレイヤーがかなり少ないし、狙いも相当下手なので(未だに、ゾンビに囲まれたときはぐるぐる回転しながら銃を撃ってる人もいるのですが、信じられますか)、ゾンビが処理できずゲームが成立しなさそうだ。


 野良対戦の小話を一つ。パリッシュのチャプター3、生存者側でのこと。
 対戦をやっている人には分かると思うが、ここはマンホールが怖い。取り残しの危険性もあるし、下水でチャージャー・スピッターのコンボが決まると大ダメージになる上に、下水から上るときも危険があるからだ。そんなわけで的確な判断が必要とされる場所である。

 その対戦では、マンホールの中からタンクが出てきた。同時に来た特殊感染者と共にあっさり処理を終え、一匹だけ残ったスモーカーの舌も切った。ここは走って下水上まで一気に取れる! と思い僕は走り出す。
 下水の湧き防止を確実に取り、後ろを見る。仲間はついてきているかと思いきや、なんと弾を取りに戻っていたのでした。ええー。そして、前の二人は慌ててマンホールを降り、スモーカーに取り残される最後尾の1人。ええー。そして先行しすぎたと責められる僕。ええー。

 下水には上位ショットガンがあるし、駐車場にだって上位武器がある可能性はある。その後の救急車にだってあるし、そこを降りた先にもあるだろう。これだけあれば間違いなく弾は足りるのだが、なぜ弾を取りに戻ったのか。
 いや、仲間を見ずに先行した僕にも非はあるだろう。だがしかし、だがしかし! 先に武器なんていくらでもあるのに弾を取りに行った君らも悪いわけで、僕だけを攻めるのっておかしいだろう! マップを知ってれば走るという選択肢が浮かぶのではないか!?

 などと憤慨してみるも、相手は野良でたまたま会った人なので意思など通じるわけもなく。そうだよ、こういう理屈に合わないのが野良なのだ。無理に自分を納得させる。


 他にも、ゴール直前で皆ピルを飲んで走ってるのに「ファーストエイドキットヒア」と連呼しまくって立ち止まってしまう人や、爆発弾や火炎弾を展開するためにちんたらして感染者に食われる人なんかが良くいる。気持ちはわかるが、対戦として取る行為としてはあんまり良くないんじゃあ、と思わされる。そして案の定、そういう人は往々にして死にやすい。そして死んだら萎え抜け。
 ……やっぱり納得がいかん。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント