ロックマン10 02

rock1002.png 集中力がこれっぽっちもないながらも、未だにちまちまと『ロックマン10』の縛りプレイをやっている。『Catan』のランクマッチもやっているので、その合間という感じになりあまり進展はしていないが、なんとかゴールは見えてきた。

 前回で8ボスが終わり、それからはしばらくワイリーステージの練習をしていたわけだが、結局のところまた8ボスのところへ戻ることになりそうである。
 難しいのはワイリーステージではなくて、むしろ8ボスのほうだったのだ。


 縛りプレイをやっていると、試行回数の少なさゆえにワイリーステージが難しくなる(ワイリーステージは連続でやらねばならないため、後半ステージのほうが挑戦しづらい)。9の時も同じで、後半がしんどかった。だが、今回は必ず最後まで通しでやることを心がけていたためか、そこよりも違う部分がきつかった。つまり、通常ステージのボスである。

 8ボスなら適当にやってもいけるよねー、ということで普通にクリアしたのはいいものの、ワイリーステージの最後のほうにある連戦でやるとものすごい勢いでミスるのなんの。最初からブルースが使えるせいか、今回のボスは随分と激しいパターンの奴が存在する。

 チルドマンとシープマン、おめーらだよおめーら。無茶苦茶なパターンしやがって。チルドマンは振り向き時に攻撃してきやがって。電球みてーなツラしてんのに優柔不断なんだよクソが。避られんのかよアレ。
 シープマンは変な雲の動きさせやがって。だいたい羊=モコモコ=雲になって隠れるって発想がどうかしてんだよふざけやがってテメー。

 ……と、こんな感じに訳のわからない八つ当たりをしつつ、黙々と進めている。当初の予定では4月中に終わらせるつもりだったんだが、もうしばらくお待ちあれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント