E3 2010

shingataxbox360.jpg

「E3 2010」でのマイクロソフト

 ロサンゼルスで行われているE3(Electronic Entertainment Expo)で、我らがマイクロソフトの発表があった。いろいろと新しい情報が入ってきたので、今回は忘備録として記しておく。
 尚、うちのサイトではニュースを取り扱うつもりは毛頭ないので、簡単な概要だけである。


○新型本体
 802.11nワイヤレスLANや内蔵型のハードディスクに対応し、薄くなった新デザインの360が発表(右上画像)。日本では、2010年6月24日(木)から希望小売価格29,800円で発売になる。

○Kinect
 コントローラーを持たずに遊べるデバイスとして、「Kinect」(以前の名前はProject Natal)が正式発表された。体の動きや音声を認識するとのことで、こちらは日本では11月4日発売予定。
 『Kinectimals』、『Kinect Sports』、『Kinect Joy Ride』、『Kinect Adventures』、『Your Shape^(TM): Fitness Evolved』、『Dance Central』などのタイトルが出る。

○ソフト
 発表されたゲームタイトルは、『Call of Duty: Black Ops』、『メタルギア ソリッド ライジング』、『Fable III』、『Gears of War 3』、『Halo: Reach』など。そして、「Summer of Arcade」として『悪魔城ドラキュラ: Harmony of Despair』をはじめとするダウンロード販売タイトルもお目見え。

気になるところ

 タイトルは事前発表されたものばかりだし、「Kinect」は後追い商品なので不安になるし、新型もMSの情報を知りたがる人にはそこまで喜ばしい話でもないだろう。
 ところが、任天堂が発表した3DSはタイトルも豊富だし技術としても目を見張るものがある。おそらくは多くの人がそっちばかり見てて、MSとかマジどうでもいいという感じであろう。斯く言う僕も、カービィにばかり関心が行っている。

 パッとしないのはそもそも決まっていたようなものだから仕方ないとして、一応Xbox360関連の情報をしっかり見ておこう。一番気にかかるところは「Kinect」だろうか。
 本体同梱じゃないから普及率は問題になるわけだし、日本ではさまざまなソフトが出るかも微妙。一応ハドソンやセガが発表しているらしいが、『デカスポルタ フリーダム』には思わず失笑。まァ、新技術が出るときは致し方ないだろう。とりあえず、ちゃんと遊べる環境になるかが不安だ。


 ところで、『Kinectimals』のプレイ動画を見て、いくらか問題があるのではないか、と思った。

 映像では手を使ってトラと触れ合っているわけだが、傍から見ても違和感がすごい。わーっとなでなでするのはいいものの、掌に毛や体温の感触はないわけである。虚空を触れて動物を触っている気になれるのだろうか?
 しかも、画面の向こうにいる動物が、カメラにべたーっと張り付くのは尚のこと問題である。これは両者の間に絶対的な隔たり(ゲームと現実の差)があることを強調することになっているわけである。画面の中に動物がいると思わせるタイプの作品ならともかく、実際に手で触れるという枠のなさを感じさせた上で、あえてシャッターを下ろすようなまねをしているのだ。これを遊んだ場合、言葉にできない虚無感に襲われるのではないだろうか。

 どんなに映像がリアルになって、操作感覚をより良く変えたとしても、そこに壁を見せてしまってはのめりこむことが難しくなるのではないか。こうなると、没頭感という意味においては普通のコントローラーを利用するゲーム以下になるかもしれない。

 極端な話、操作感覚が現実に近づくなら、実際の行為、例えば本当に子トラをなでたほうが楽しいわけである。もちろん、その機会がない人に対する代替作品としてはありうるが、結局は代わりしかなれないわけだ。
 つまり、ビデオゲームとして割り切った面白さを目指すのではなく、あくまでリアル志向という意味で「Kinect」を使うのであれば、いびつな3Dグラフィックスに手を痛めながら触れることになってしまうのではないだろうか、という懸念を感じたわけである。


 とはいえ、『nintendogs』が海外ではバカ売れしているようだし、こういう仮想ペットものの需要はあるのかもしれない。何より『Kinectimals』が偶々そういう方向を目指しているだけかもしれないだろう。余所のタイトルは、しっかりとゲームらしさを追い求めるのかもしれない。

 あ、でも任天堂も3DSで『Nintendogs + Cats』を発表してるのか。しかも、余所のタイトルも、中途半端な体感ものばかりといえば確かにそうだ。……杞憂ですよね?
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント