Catan 14 ランクマッチ完!

catan_clear.png

ランクマッチ戦果

 本日までのランクマッチ合計戦果、230試合77勝151敗、計1807点。

 一度は1000点で解除されず挫折をし、なんとか再開したもののゾンビのように涎を垂らしながらさ迷うようなCatanをプレイしていた僕。その努力の結果が、ついに結ばれることに……!

 230試合目、今日も気だるいランクマッチをはじめようとしたところ、一軒目の開拓地を建てたところでポコンッと音がなった。どうせ誰かサインインしたんだろ、と思っていると、そこには「カタンの首相」の文字が……。
 自分の目を疑い、二件目の開拓地などそっちのけでガイドボタンを押し、もう一度確認する。やはり解除されている。う、うそじゃあない。あまりの喜びに、叫びながらTwitterで取り乱す始末。

catan_kitaa.png
今見るとまるでアホだ
 しかしこうなるのも無理はない。なんせCatanというゲームは一試合に30分ほどかかるのが珍しくないからだ。つまり、230試合となると、単純に計算しても115時間を費やしているというわけである。しかも、本来であればこの半分くらいの時間で解除できるはずだったのに、そうはならなかった。一度解除されないという挫折を味わってから、いつになったら光が見えるかわからない状況であがき続けていた。絶頂から没落するのが激しい不幸になるように、絶望から這い上がる瞬間こそ強い喜びを感じられるわけである。結果、こうして解除されたのだから、そりゃもう感無量と言わないで何というのか!


 こうして長く続いたCatanランクマッチとの戦いは終わりを告げた。正直1000点に到達して解除されなかった時はドブに顔面を突っ込んで生活し続けるような気分になったものの、そこから抜け出せた瞬間はなんて心地よかったことか……。

なぜ今になって解除されたか

 さて、ではこれから、なぜ今更になって解除されたのか見ておこう。はっきりとしたことは言えないのだが、メモを取りながらプレイし続けた結果、いくつかわかったことがある。

○ プレイヤーの途中抜けは関係なさそう
 ランクマッチは途中抜けをするプレイヤーが非常に多く、記録を見た限りでは抜けなかった人がいない試合のほうが少ない。よそのゲームだと、フルメンバーが揃っていないと実績のためのカウントがされない、なんて作品もあるが、少なくともXBLAのCatanはそうではないらしい。

○ キャッシュクリア&タグ復元は問題なし
 数度のキャッシュクリアやタグ復元を行ったが、特に問題はなかった。セーブデータの破損などで累計カウントが狂う、ということでもないようだ。

○ おそらく単純にカウントがおかしい
 そもそも500点実績の時点では、481点という場面で解除された。しかし、1000点はそうならなかったわけで。よく見てみれば481点というのも誤差にしては振れ幅が大きいし、1000点も解除フラグがおかしかったのではなく、純粋にその点数に満ちていないと計算されていたと考えたほうがよさそうである。つまり、カウント方法がおかしいといえそうだ。
 ところで、開拓地や都市を建ててキャンセルする、というのを数度繰り返すと収入点がおかしくなるバグがある。しかもこれ、うまくやれば六件目の開拓地を建てることまで可能にしてしまうのだ。おそらくこのあたりが累計カウントミスに絡んでいるのではないだろうか。

 何にせよ僕はプログラムに明るくないので憶測で物を言うしかないわけだが、とりあえず「カタンの首相」を解除したい人には言えることがひとつだけある。

 「とりあえずランクマッチを執念深くがんばってね!」

 ……うん、身も蓋もないな。何にせよ、首相に近づくには根性論が最適らしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント