Left 4 Dead 29

healing_gnome.jpg

今週のミューテーションモード

 DLCで新ルールが追加された割に、なんだかあまり楽しみになっていない気がしてならない今週のミューテーションモード変更のお時間である。

 今週のルールは「Healing Gnome」。キャンペーンモードをベースにしたルールで、回復アイテムが出現しない代わりに、ノームを持つことで少しずつ体力が回復するという内容。

 時間で減っていく体力で始まるの為、唯一の回復アイテムであるノームは必須である。しかも、ちゃんとそのヒゲの人形を持っていないとセーフルームにたどり着いてもゴール扱いにならない。

 なんというか、この説明文を書いているだけであらゆるやる気がなくなっていく内容だ。

青菜に塩・生存者にノーム

 まったく面白くないと言う他ない。僕の大嫌いな「ラストノーム・オン・アース」(ノームを運ぶというミューテーション)の変形ルールなので、イライラするのなんの。というか、そのルールと何が違うのやら……といった感じである。

 回復手段が限られているので、いくらか味わいが違うというのが開発側の言い分なのだろうが……。手段が限られていのは確かなのだが、その代わりに好きなだけ回復し放題なわけである。そのため、回復方法が少ないということより、ノームを誰かが持ち歩かなければならない、という点がゲームの焦点となるわけだ。こうなると、やはりノーム運びのほうがキツいわけだ。何なのこのルール。

 しかも、今回もスタック防止策は用意しているものの、きっちりハマって詰むわけである。ここはまったく直しておらず、なんとも脱力。というか、前回のブリードアウト対戦といい、もはやネタがないのではないだろうか。過去のアイデアをバラして適当にくっつけるという作り方でしかなく、新しいゲームプレイを提供する気がないとしか思えない。ため息しか出ないミューテーションである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント